calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

問い合わせ先

渡辺 啓美(わたなべ ひろみ) hiromi.lehahiah34@gmail.com エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden/top

お気に入り、お勧めの本

私、本当に不器用だなぁ

0

    JUGEMテーマ:人間関係

     

     

    こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

     

     

    あなたは自分の性格をどう思いますか?

     

     

    何をやっても楽しくて

     

    スイスイと物事が進むときは

     

    そんなこと、考えもしないですよね。

     

     

    でも、

     

    何か嫌だなぁと思うことが起きた時、

     

    何もかも、うまくいかないなぁと思う時、

     

    やらなきゃいけないのに動けなくなった時、

     

    フッと自分の「ここ」がいけないんだと

     

    責めちゃったりしませんか?

     

     

    自分は消極的だから言いたいことが言えない、とか

     

    気分屋だから仕事しなきゃいけないのに遊んじゃう、とか

     

    怒りだすと止められない、とか…。

     

     

    私もねぇ〜、

     

    自分の性格、困ったものだと思っているところです。

     

     

    どういうことかと言うと、

     

     

     

    たぶん…

     

     

     

    根があんまり素直じゃないんです。

     

     

     

    私には、先生やコーチのような人がいます。

     

    最初はもちろん、そのまま、思いっきり

     

    素直に聞いていますよ。

     

    自分の知らないことを学ぶのだから、当然です。

     

    色々知識が増え、

     

    見知ることが増え、

     

    体験を重ねていきます。

     

     

    ところが深くなってくると、

     

    「???」ということが出てきてしまうのです。

     

    ただの疑問は質問して、解決すればいいのです。

     

    だけどその分野では、まかり通ることでも

     

    もっと広い視野でみると、おかしくない?

     

    ということが出てきちゃうのです。

     

     

    オトナなのだから、

     

    その分野で言われていることは○○なのだと

     

    割り切ればいいのですが…

     

     

    「それ、ちょっと変じゃなーーーい???」

     

    って、偏屈虫が出てきちゃう。

     

    そうなると、

     

    カリカリ、イライラしてきちゃうのですが

     

    その虫を収めるのが、大変なのです。

     

     

     

    素直な人は、いいなぁと思います。

     

    「イエス、イエス」と言って、

     

    波風立てずに、人に好かれる人。

     

     

     

    私も人に嫌われたくないから、

     

    どう言ったら不愉快な思いを相手にさせないで

     

    私の知りたいことを引き出せるか、考えます。

     

     

    あるいはどこまで相手に突っ込んで聞くか、

     

    どこで引き下がるか、考えます。

     

     

    それで、後は自分の経験を広げ、

     

    信念で道を見つけます。

     

     

    いばらの道を進むようで、

     

    そのやり方は簡単ではないんですよね。

     

     

     

     

    でも…

     

    残念ながら、

     

    自分が納得を出来ないと

     

    前に進めない性格なのですね。

     

    だから自分を

     

    「不器用だなぁ」と思っているんです。

     

    もっとうまく出来ないものかと…

     

     

     

    私自身その偏屈虫に手こずっているけれど、

     

    おそらく、

     

    相手の人も「面倒くさい!」と困っていると思うけど、

     

    実のところ私は、

     

    その偏屈虫ちょっと好き、です。

     

    だって、納得すると楽しいから。

     

     

     

    精神分析の簡易版と言われる「交流分析」のエゴグラムをしたら

     

    その原因がわかりました。

     

    エゴグラムというのは、

     

    質問に答えて5つの心の要素の数値を出し、

     

    そのグラフの形で性格タイプを判断するものです。

     

     

     

    私は、「自由な子供」の数値が高くて

     

    「従順な子供」の数値が低かったのです。

     

     

     

    「エゴグラムで心理分析」(プレジデント社)のタイプ分けによると

     

    「バリバリ野心家」タイプ!!

     

     

     

    だから

     

    人に従うばかりだと、息苦しくなってしまうのです。

     

    自由な環境にいた方が

     

    本来の自分らしくいられるということです。

     

    自由というのは

     

    行動ばかりでなく

     

    考え方とか、発想とか、人間関係とか、可能性とか

     

    色々考えられます。

     

     

     

    私は転職を20回以上しています。

     

    それを「楽しかった」と言うと大抵、不思議がられますが

     

    エゴグラムを見ると、納得です。

     

    偏屈虫が出る前に、

     

    好奇心がおもむくまま、あっちこっち動いて、

     

    新しい出会い、新しい体験を

     

    楽しんでいたのです。

     

     

     

    楽しいと言っても、

     

    仕事が面白くて、人間関係が良くて

     

    パラダイスの様なところばかりだったと云うわけではありませんよ。

     

     

     

    変わった人や好きじゃない人だっているし、

     

    仕事の内容が単純で飽きてしまうことだってあるし、

     

    初めて接客業をしたときは戸惑ったし、

     

    だんだん上司が年下になってくるし、

     

    悩みっぱなしでした。

     

     

     

    私に合っていたのは、

     

    自分の知らない世界に飛び込み、

     

    うまくいかないことを何とか変わるように、あれこれやってみる、

     

    「チャレンジする」ということだったのですね。

     

     

     

    逆に苦手なのは、

     

    職人のように一つの道を究めるというようなこと、

     

    繰り返しや人と同じことをすること。

     

     

     

    あ〜、本当に偏屈!

     

     

     

    でも、

     

    「変わっているね」と言われると内心嬉しいのです、わたし。

     

     

     

    人の性格の80%は生まれ持ったものだと言われますが、

     

    20%は環境によって変わってしまうし、

     

    意図的に変えることもできます。

     

     

     

    そして、性格に

     

    「良い」とか、「悪い」とかはありません。

     

    誰だって、

     

    長所もあるし、短所も持っています。

     

     

     

    大事なのは、

     

    生まれ持った80%を活かすことと

     

    20%と向き合って努力することです。

     

     

     

    あなたもご自分の性格タイプを知りたくありませんか?

     

    知ったら、

     

    自分が愛おしくなるかも?

     

    ワークショップやります↓↓↓

     

     

     

    【ご案内】

    性格タイプをグラフで見える化、あなたの魅力開発ワークショップ

    12月10日(土) 10:30〜13:00 三鷹

    http://r.goope.jp/essc-garden/menu/439895

     

    おしゃべりカフェ

    12月10(土) 14:00〜18:00 三鷹

    http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

     

    【個人事業主・起業家限定】自己実現サポートカフェ

    12月13日(火) 15:00〜17:00 三鷹

    http://r.goope.jp/essc-garden/menu/447828

     

     

    ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

    フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

     

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

     

    にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    にほんブログ村


    『逃げ恥』絶好調!

    0

      JUGEMテーマ:人間関係

       

       

      こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

       

       

      不思議なドラマだこと、

       

      『逃げるは恥だが役に立つ』

       

      見ていますか?

       

       

      新垣結衣ちゃん演じる派遣切りされた「みくりちゃん」は

       

      星野源さん演じるプロの独身サラリーマンの

       

      「平匡(ひらまさ)さん」が雇用主となって、

       

      契約結婚という仕事につくことになります。

       

      二人の心の声、ゆれる感じが

       

      何ともかわいいこと。

       

      二人の足踏み状態が、

       

      今後どうなることか…

       

       

       

       

      エンディングテーマの恋ダンスも大人気ですね。

       

      もしかして、12月の忘年会のために

       

      練習している方もいらっしゃるのでは?

       

      メチャクチャ楽しそうですよね〜。

       

      でも、私には早すぎて難しすぎて、

       

      出来そうにないなぁ…

       

       

       

      それは、さておき 

       

       

       

      このタイトル『逃げるは恥だが役に立つ』は

       

      ハンガリーのことわざなのだそうです。

       

      意味は、

       

      自分の戦う場所を選べ、

       

      つまり、

       

      自分の得意な分野で勝負しろってこと。

       

       

       

      自分が危険だ!と感じた時、

       

      不安で耐えられない時は、

       

      自分の身を守るために

       

      逃げることは大切です。

       

      だって、そのままいったら

       

      心が壊れてしまうかもしれないから。

       

       

       

      恐怖や不安から逃げて、

       

      安全を確保できると人は安心します。

       

       

       

      みくりちゃんと平匡さんは

       

      従業員と雇用主の関係、

       

      契約だから繋がっている関係、

       

      お仕事を全うするための距離を保つことは安全。

       

      その二人の気持ちに、

       

      「何だかドキドキ、気になる…、これって好きってこと?」

       

      が芽生えてきたら、

       

      さぁ、大変!緊急事態!!

       

      近づきたい、でも近づけない…

       

      ちょっとでも距離が近くなると、平静を保てなくなって

       

      「イヤイヤ、契約だから」って

       

      安全地帯にまた逃げる。

       

       

       

      フフッ、恋をしたことがある人は

       

      身に覚えがありますよね。

       

       

       

      でもね、

       

      逃げるということは

       

      一時避難として有効だけれども、

       

      ずっと逃げ続けていると

       

      本当、いいことないです。

       

       

       

      みくりちゃんも平匡さんも

       

      勇気を持って

       

      自分の安全地帯の契約関係から抜け出なければ、

       

      「好き」という気持ちは成就されないですよね。

       

      それがわかるから

       

      ドラマを見ている人はみんな

       

      「頑張って!」と応援したくなっちゃうのです。

       

       

       

      自分を恐怖や不安から守る機能というのは、

       

      一時的な安全装置として

       

      私たち誰にでも備わっています。

       

      心を守るために

       

      本能的に発動してしまうのです。

       

      動物的と言ってもいいでしょう。

       

       

       

      相手に嫌われたら傷つくから「好き」っていう気持ちを否認したり

       

      ストレスを感じたくないためにやけ食いに走ったり

       

      やらなければいけない勉強という苦痛を避けるためにゲームしたり

       

      出来る自信がなくて行動が伴っていないのに、理想ばかり口走っていたり…

       

       

       

      ありとあらゆる場面で

       

      認めたくない何かを隠して

       

      ありとあらゆる手段を使って

       

      自分を防衛しているのが私たち人間なのですよね。

       

       

       

      でも、

       

      自分を守っているだけじゃ

       

      内心苦しくなってしまいませんか?

       

      自分を守り続けていても

       

      本当に欲しいものは得られないと感じてはいませんか?

       

       

       

      そんなときは、

       

      少しの勇気を出して、

       

      自分の安全地帯から飛び出る時かもしれません。

       

       

       

      そんなこと言って、

       

      もし、また恐怖や不安に襲われたら?

       

       

       

      そんなときは、

       

      また避難場所に戻ればいいのです。

       

       

       

      みくりちゃんと平匡さんを

       

      自分ごとのように応援しているあなた!

       

      テレビの前から離れたら、

       

      1度考えてみてください。

       

       

       

      あなたは何かから逃げていますか?

       

      どんな恐怖や不安から自分を守っていますか?

       

       

       

      そして

       

      あなたの大切な時間を

       

      自分を守り続けることに費やしますか?

       

      それとも

       

      自分の得意なところで勝負しましょうか?

       

       

       

      私は懲りずに勝負に出ちゃって傷だらけですが、

       

      それでも

       

      狭い所に閉じこもっているよりも

       

      広い世界に出た方が楽しいと思うんだけどなぁ。

       

      あなたはどう思いますか?

       

       

       

      【ご案内】

      12/10開催「性格タイプをグラフで見える化、あなたの魅力開発ワークショップ」

      http://r.goope.jp/essc-garden/menu/439895

       

      ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

      フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

       

       

       

      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

      ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

       

      にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
      にほんブログ村

       

      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
      にほんブログ村


      彼女の魅力

      0

        JUGEMテーマ:生き方

         

         

         

        こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

         

         

        「性格タイプをグラフで見える化、あなたの魅力開発ワークショップ」を

        開催いたしました。

         

         

         

        質問に答えて、心の5つの要素をグラフ化するエゴグラム、

         

        企業研修などで体験された方もいるかもしれませんね。

         

         

         

        エゴグラムによって、自分の「型」を知ることだけが

         

        目的ではありません。

         

        知ったうえで、

         

        どうするか?ってことが大事ですよね。

         

         

         

        占いは統計学から、

         

        いつ、どこで生まれたから

         

        あなたはこういう性格ですよ、って言えます。

         

         

         

        でも、エゴグラムに現れる性格って変わるのです。

         

        つまり、エゴグラムの形が時によって変わるのです。

         

         

         

        それは、例えば

         

        辛いことを体験した人が

         

        人に優しく接することができるようになったり、

         

        逆に、辛いことを体験したがために

         

        自分の殻に閉じこもってネガティブになってしまったり、

         

        環境・体験によって

         

        また、その受け取り方によって

         

        こころの要素が育まれたり傷ついたりするからです。

         

         

         

        でも、

         

        今の心の状態を客観的に見ることができれば

         

        軌道修正ができます。

         

         

         

        現在の自分の「型」はどの体験から、出来たか?

         

        なりたい自分になるために、

         

        どこをどう変えればいいのか?

         

        具体的に見えるのが、エゴグラムのいいところです。

         

         

         

        今回参加してくださったのは、

         

        ご自分のお仕事をもっとステップアップしたいという方。

         

        自分のことも、周りのことも

         

        とても客観的に分析できる聡明な方です。

         

        でも次のステージに行くのが怖いのですよね。

         

         

         

        今回の結果、彼女のプロジェクトは

         

        「合理的なご隠居タイプ」から

         

        「野心家バリバリ野心家タイプ」へ。

         

         

         

        「合理的なご隠居タイプ」と言っても、

         

        今の彼女は、他の人から見たら、

         

        お仕事も勉強も十分やるべきことをやっている、

         

        人間関係もうまく、さばいている、

         

        自分の意志も十分固い、

         

        そんな人です。

         

         

         

        それでも…

         

         

         

        次のステージにアップするという目標を達成するには

         

        ただ好きという感情から、現実に向き合う厳しさ

         

        自ら向かい風に飛び込んでいく勇気

         

        後ろのドアを閉める覚悟

         

        を自分に課すことが、今の彼女には必要なのです。

         

         

         

        実は私もカウンセリングの勉強をする前と後で

         

        全く同じエゴグラムの変化を経験しました。

         

        だから、彼女のいるところが

         

        痛いほどわかります。

         

        私もまだまだ途中だけれど、

         

        そんな私の話が彼女に届くところがあったようです。

         

         

         

        「三つ子の魂百まで」と言われますが、

         

        3歳までの生育環境で

         

        性格は80%決まると言われています。

         

        でも、残り20%は

         

        変えられるということです。

         

         

         

        自分の性格を周りの人や環境のせいにして

         

        何の努力もせずに

         

        文句やグチを言っていても

         

        なりたい自分にはなれません。

         

         

         

        自分の持っている性質を

         

        認めて、受け入れて、愛すること、

         

        そして、

         

        なりたい自分に近づくように

         

        変えられる部分を自分で変えていく。

         

        それは、

         

        自分と向き合うことで可能なのです。

         

         

         

        今まで色んなことを頑張ってきて、

         

        更にステップアップするという道は

         

        正直、楽ではないけれど

         

        尻込みせずに目標に向かって

         

        キラキラしている彼女を見て

         

        美しいなと思いました。

         

         

         

         

        【ご案内】

        ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

        フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

         

        最後までお読みいただき、ありがとうございました。

        ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

         

         

         

        にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
        にほんブログ村

         

        にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
        にほんブログ村


        大人のメリークリスマス

        0

          JUGEMテーマ:人間関係

           

           

           

           

           

           

          こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

           

           

          東京は穏やかなお天気のクリスマスですが、

           

          いかがお過ごしですか?

           

           

           

          いつもは忙しくてゆっくり話ができない

           

          ご家族と、お友達と

           

          共に時間を過ごされている方も多いのではないでしょうか。

           

           

           

          私も普段なかなか会えない友達と

           

          久しぶりにおしゃべりしましたよ。

           

           

           

          40代の彼女たちの話を聞きながら

           

          みんな色々悩みながらも

           

          頑張っているのだなぁと思いました。

           

           

           

          人の話を聞かない上司、

           

          そのせいで仕事に支障があって困ること、

           

          会社合併によって複雑になる人間関係、

           

          自分を子ども扱いして心配し過ぎる母親、

           

          疲れてしまって、やるべきことが進まないこと、

           

          将来に対する漠然とした不安…

           

           

           

          本当にみんな忙しすぎて

           

          普段はグチをこぼす暇もないくらいです。

           

           

           

          今、年齢を重ねて

           

          それぞれ、たくさんの経験と選択を

           

          重ねてきました。

           

          周りから求められることも多くなり

           

          責任も重くなります。

           

          頑張っている人であればある程

           

          気軽に甘えたり頼れる人もいなくなり

           

          気が付けば、

           

          何でもひとりで抱えてしまっています。

           

           

           

          でもね、

           

          どうぞ、たまには悩みやグチや本音をこぼして

           

          軽くなってください。

           

           

           

          それが、クリスマスであってもいいかな?

           

          自分に優しくすることを

           

          プレゼントしてください。

           

           

           

          20代のクリスマスは

           

          気分華やぐ楽しいパーティが当たり前でした。

           

           

           

          今は

           

          大切な人と静かに自分のことを語り合う

           

          そんなクリスマスもいいと思いませんか?

           

          そして、

           

          新しい自分を祝福しましょう。

           

           

           

          私もしっかり自分のことを聞いてもらったし、

           

          話したり聞いたりの中に

           

          気付きや発見というギフトをたくさん頂きました。

           

           

           

          頑張っているあなたに

           

          たくさんの祝福が降り注ぎますように…

           

          メリークリスマス!

           

           

           

           

          【ご案内】

          ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

          フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

           

          最後までお読みいただき、ありがとうございました。

          ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

           

          にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
          にほんブログ村

           

           

          にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
          にほんブログ村


          ワクワクな目標はあなたを変える

          0

            JUGEMテーマ:生き方

             

             

             

             

            新年あけましておめでとうございます。

             

            「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

             

            お正月はいかがお過ごしでしょうか?

             

             

             

            旧年中は9月にスタートしたこのブログにご訪問頂きまして、

             

            ありがとうございました。

             

            2年目の今年はさらに、

             

            皆さまの日々のお悩みに何か役に立つような、

             

            そして、元気になるような記事を

             

            書いていきたいと思っております。

             

            本年もどうぞよろしくお願いいたします。

             

             

             

            さて、あなたは今年の目標を決めましたか?

             

            日々の生活のやることに追われていると

             

            ついついどこに向かっているのか、わからなくなってしまいますね。

             

            区切りのこの時期に目標を立てるのは

             

            この1年を過ごす指針になりますよ。

             

             

             

            私はお仕事の面では具体的な目標はありますが、

             

            自分自身についての目標も決めました。

             

            それは…

             

             

             

            「枠を超えろ!」

             

             

             

            去年はひと月に5つの試験、出版スクール、ブログとホームページの開設、

             

            セミナー開催など色々なことに挑戦しました。

             

            自分で言うのも変ですが、

             

            すごく頑張ったと思うのです。

             

             

             

            同級生の友達にも

             

            「この歳になると守りに入るのに、すごいよね」

             

            と言われました。

             

             

             

            その時、他の人はそう思うのか!と

             

            ビックリしたのです。

             

            なぜなら、私はこの歳になったから

             

            本当にやりたいことが出来ると思っていたから。

             

             

             

            そうは言っても、

             

            57才という年齢を考えず無茶をしたので、

             

            徹夜をした後遺症がひどくて全然回復しないし、

             

            体力と頭の回転が思うようについていかなかったのです。

             

            だから、内心どこかで

             

            「この年齢だから、仕方ない」と、

             

            不安とあきらめがあったこと気が付きました。

             

             

             

            それと同時に、

             

            これからの仕事をどう広げていくか、ということに関しても

             

            「実績やキャリアがこうだから…今の状態がこうだから…」

             

            と考えている自分に気が付きました。

             

            今の自分が考える未来は、

             

            こういう問題があって…こういう障害があって…だから…

             

            これじゃあ、ちっとも楽しくないのです。

             

            イヤイヤ!

             

            私が欲しいのは

             

            そういうことじゃない!

             

             

             

            あなたもありませんか?

             

            こういう性格だから、とか

             

            お金がないから、とか

             

            家族がいるから、とか

             

            自分に制限をかけてしまっていること。

             

            目の前に高い壁が立ちはだかっているように思われて、

             

            そこで立ちすくんでしまって諦めてしまっていること。

             

             

             

            今の自分に制限をかけたまま無茶をするのではなく、

             

            現状や体力的な現実を無視するわけではなく、

             

            世間で言われていることから自由になって

             

            自分の枠を広げてみると

             

            見えてくる世界や可能性が違うのでは?

             

            そう思って、今年の目標を「枠を超えろ」と決めました。

             

             

             

            そう決めたところで、いいこと思いつきました。

             

            NLP(神経言語プログラミング)を自分に使ってみる実験をしようと。

             

            言葉と体感イメージを使って、

             

            自分のなかで決めつけてしまった枠、プログラムを書き換えていくのです。

             

            「枠を超えること」そのものを実現させてくれる心理療法のツールです。

             

             

             

            ふふっ、

             

            何か、面白くなってきましたよ。

             

             

             

            あなたも

             

            ご自分がワクワクするような今年の目標を

             

            是非、立ててみてください。

             

            そして、それを何かに書いて

             

            引き出しにでも、しまっておいてください。

             

            日常は、そのことを忘れていてもいいのです。

             

            まずはワクワクな目標を立てること自体が、

             

            古いプログラムを書き換える第一歩になるのです。

             

            プログラムが変わると

             

            思考や行動が変わります。

             

            あなたの1年後をお楽しみに。

             

             

             

            あなたとご家族皆さまにとって、

             

            この1年が祝福に満たされた素晴らしい年となりますように。

             

             

             

            ついでに、私の1年後も楽しみにしていてくださいね()

              

             

             

            【ご案内】

             

            2017121日開催(10301300、三鷹)ワークショップ

            『あなたも相手も喜ぶ、コミュニケーションの基本』

            *NLPの手法も一部お伝えします。

            http://r.goope.jp/essc-garden/menu/459372

             

            ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

            フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

             

             

            最後までお読みいただき、ありがとうございました。

            ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

             

            にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
            にほんブログ村

             

            にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
            にほんブログ村


            ハラハラドキドキを楽しもう

            0

              JUGEMテーマ:コミュニケーション

               

               

               

               

               

              こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

               

               

               

              去年カウンセラーとして地元の商工会議所に登録をしました。

               

              先日、初めてその新年会に参加したのです。

               

              会場は、スーツ姿の男性の中に華やかな装いの女性で

               

              所狭しな状態です。

               

              経営を10年20年、またはそれ以上されてきた先輩方が

               

              お知り合いと話に花を咲かせています。

               

              私はと言えば、

               

              諸先輩方の貫禄に圧倒されてしまい、

               

              小さくなってしまいましたよ(+_+)

               

               

               

              今までは交流会と言うと、

               

              私と同じような起業家や起業を目指しているひとが

               

              多く集まる場に参加していたのです。

               

              気軽にお話できる場は楽しくて、

               

              励まし合って、私にとっては心地よい場です。

               

               

               

              一方、商工会議所は10年20年…の経営の歴史を持った目上の方々が

               

              たくさんいらっしゃいます。

               

              その輪に入ったら

               

              どうご挨拶をして、お近づきになったらいいのか、わからずに

               

              固まってしまいました。

               

               

               

              結局、

               

              新人なら新人らしく、

               

              いつものように、

               

              「ご挨拶させて頂いてよろしいですか?」と

               

              こちらから声をかければいいのだと、

               

              腹をくくりました。

               

               

               

              そうしたら、

               

              お話しした方が他の方をご紹介くださったり、

               

              私が他の方と話しているのを小耳にはさんで声をかけてくださったり、

               

              もちろん顔見知りの方もアドバイスをくださったりと、

               

              ホテルのブュッフェのお料理に手をつけられないほど、

               

              たくさんの方とお話をさせて頂きました。

               

              壁の花?にならなくて、良かった〜!

               

              私にとって、ハラハラドキドキの2時間でした。

               

               

               

              あなたが

               

              何かやりたいことがあるのなら、

               

              行きたいところがあるのなら、

               

              是非、足を踏み入れてみてください。

               

               

               

              もしかして、

               

              うまくできないかもしれない…

               

              居心地が悪いかもしれない…

               

              ハラハラドキドキするかもしれない…

               

              でも、それは当たり前のことですよね。

               

              だって、

               

              誰だってやったことがないことは

               

              最初からうまくは出来ないですものね。

               

               

               

              今回、ビビっている自分を観察して実感しました。

               

              最初っから馴染めるわけがない、と。

               

               

               

              そして、

               

              ハラハラドキドキするということは、

               

              新しいステージに立っているということ。

               

              その経験は自分の世界を広げ、

               

              見えていなかったことが見えてくることなんだ。

               

              そんな発見がありました。

               

               

               

              私たちは、

               

              つぃつぃ居心地のいい、ヌクヌク温かい場所に

               

              いつまでも居たいと思っちゃいますよねぇ。

               

               

               

              居心地がいいところは

               

              楽しいし、

               

              慣れているし、

               

              何でも上手にできる気がするし、

               

              頑張らなくていいし、

               

              安全だし、ね。

               

               

               

              でも、

               

              そういうところだけにいると

               

              ボケちゃうかもよ?

               

               

               

              ちょっと勇気がいるかもしれないけれど、

               

              温かいお家から

               

              あなたの足で踏み出して!

               

               

               

              「家の外はチョー寒い」って?

               

              子供の時のように

               

              好奇心を発揮して

               

              ハラハラドキドキを楽しんだら

               

              カラダもココロもホットになるから大丈夫ですよ!

               

               

               

              【ご案内】

              1/21()10:30〜13:00開催 「あなたも相手も喜ぶ、コニュニケーションの魔法ワークショップ」 at 三鷹

              http://r.goope.jp/essc-garden/menu/459372

               

              1/21()14:00〜17:00開催 おしゃべりカフェ at 三鷹

              http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

               

              ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

              フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

               

               

              最後までお読みいただき、ありがとうございました。

              ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

               

               

               

              にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
              にほんブログ村

               

               

              にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
              にほんブログ村


              「万策尽きて…」

              0

                JUGEMテーマ:生き方

                 

                 

                 

                 

                こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                 

                 

                 

                 

                寒さ真っただ中、こんな張り紙を見ました。

                 

                近所の居酒屋さんの閉店のお知らせでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                お店を続けていけるように

                 

                何とかこらえて頑張っていたんだろうなぁ、

                 

                と思いました。

                 

                「万策尽きて、苦渋の選択となりましたことを

                 

                何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます」という文面から

                 

                悔しさや無念さが伝わってきます。

                 

                 

                 

                でも…

                 

                「ん?」

                 

                 

                 

                『万策尽きて…』という言葉が気になる!

                 

                今更、余計なお世話なのですが

                 

                本当に策がなくなったのでしょうか?

                 

                 

                 

                チラシや広告を出してみたことでしょう。

                 

                お金の工面も大変だったでしょう。

                 

                メニューも色々考えたでしょう。

                 

                従業員にもお客さんにも

                 

                気遣い、誠意を尽くしたことでしょう。

                 

                 

                 

                私が「他に策があったのでは?」と思うのは、

                 

                オーナーさんの心の状態のことです。

                 

                 

                 

                お店を経営し続けるというのは

                 

                大変なプレッシャーとストレスを抱えることです。

                 

                 

                 

                それでも、

                 

                上手くいっている時はいいですよね。

                 

                 

                 

                上手くいかなくなった時、

                 

                気持ちが不安や心配、迷いでいっぱいになった時、

                 

                このオーナーさんは

                 

                その感情に何か手を打ったでしょうか?

                 

                誰かに本音を話して、

                 

                気持ちを切り替えることをしたでしょうか?

                 

                大変困難な状況であったとしても

                 

                心から笑える自分を取り戻す努力をして

                 

                経営を仕切り直ししたでしょうか?

                 

                 

                 

                実はこの居酒屋さんには

                 

                去年の8月の土曜日に1度だけランチに

                 

                行ってみたことがあります。

                 

                 

                 

                その時の印象があったので、

                 

                閉店のお知らせを見て「やっぱり」と思ってしまったのです。

                 

                 

                 

                店内に入った時に私が感じたのは、

                 

                「昼なのに何となく暗いなぁ」ということでした。

                 

                蛍光灯はついているのに、です。

                 

                 

                 

                50ほどの席に

                 

                お客さんは、私たち女性3人とカウンターに男性が1人、

                 

                後から男性2人組が入ってきました。

                 

                定食メニューから頼んで、

                 

                おしゃべりしながらお料理を待ちました。

                 

                 

                 

                ところが…

                 

                私が何故だか、

                 

                ソワソワしてしまって、

                 

                とにかく落ち着かないのです。

                 

                 

                 

                室内なのに男性2人組の声が、とてつもなく大きい。

                 

                目の前の友達の声もかき消されてしまうくらい。

                 

                なのに、

                 

                カウンターの男性の声が突然、耳に飛び込んできました。

                 

                「僕、リストラされちゃったんだ」

                 

                オーナーさん「えっ!冗談でしょ?」

                 

                まるでドラマみたいだったので、鮮明に記憶に残っています。

                 

                 

                 しかも、ハエまでお店の中を飛び回り…

                 

                オーナーさんはハエをお店から追い出そうと

                 

                8月だというのに入口のドアを開けていました。

                 

                「ごめんなさいね」と私たちに謝っていましたけど…

                 

                 

                 

                その一言の対応は嫌な感じでは全然なかったです。

                 

                きっと心優しいひとなのでしょう。

                 

                でも、申し訳ありませんが、

                 

                お店を出る時に

                 

                「私はもう来ないな」と思ってしまいました。

                 

                 

                 

                だって、

                 

                暗いんだもの!

                 

                 

                 

                心優しい人であっても

                 

                明るくて楽しい場を作れるとは限りません。

                 

                 

                 

                どんなに、いい人であったとしても

                 

                楽観的で希望的なところが、

                 

                なくなってしまっているのかもしれません。

                 

                 

                 

                お客さんは明るくて気分がよくなるところに

                 

                行きたいのです。

                 

                同じ食事をするのであれば、

                 

                明るい気分になれるところが嬉しいのです。

                 

                お金を払って、暗い気分になりたくはないですよね。

                 

                 

                 

                人生には色々なことが起きます。

                 

                当然、気持ちが落ち込んで立ち上がれない時だってあります。

                 

                誰でも、そうです。

                 

                 

                 

                そんな時に

                 

                明るい気持ちを取り戻すって

                 

                すごく、すごーーーく、大変なことです。

                 

                「言うは易く、行うは難し」です。

                 

                だから、『誰か』が必要なのです。

                 

                 

                 

                癒すべき暗くて重い感情、不安や心配を放っておくと

                 

                マイナスの結果しか引き寄せません。

                 

                 

                 

                プラスの結果を引き寄せたかったら

                 

                大変でも、

                 

                気持ちを軽く明るくしなければならないのです。

                 

                 

                 

                そういう私も

                 

                父が亡くなった後、家族で問題が起きてから

                 

                友人に裏切られ、宗教にもだまされ、

                 

                何もかもがうまくいかず、

                 

                なんと9年も、ジタバタと、もがいていました。

                 

                ネガティブの雪だるま状態でしたね。

                 

                あの時にカウンセラーに話を聞いてもらっていたら

                 

                もっと早くに雪だるまから抜け出していたことでしょう。

                 

                 

                 

                オーナーさんは、今ゆっくり過ごしているでしょうか?

                 

                燃え尽き症候群になっていないといいですけど。

                 

                 

                 

                明るさを取り戻すための、

                 

                ご機嫌で笑顔でいられるようにするための、

                 

                素早く行動できるようにするための

                 

                策はあります!

                 

                出来れば、早めに手を打ちましょう。

                 

                あなたが前進するために、カウンセラーはいます。 

                 

                 

                 

                【ご案内】

                ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                 

                最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                 

                 

                にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                にほんブログ村

                 

                 

                にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                にほんブログ村


                ステージアップのために、大切なこと …とお知らせ

                0

                  JUGEMテーマ:生き方

                   

                   

                   

                   

                   

                  こんにちは、心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                   

                   

                   

                  私たちの「こころ」は、環境に左右されます。

                   

                  無意識に身の回りの「物」や「人」や「情報」に

                   

                  いとも簡単に影響されてしまう生き物なのです。

                   

                  そのことをよ〜く知っている人は

                   

                  ネガティブなニュースは見ませんという人もいます。

                   

                  疲れるお付き合いは致しませんという人もいます。

                   

                  どこかの「ドクターX」みたいに(笑)

                   

                   

                   

                  自分が元気になるアイテムを持っている人は

                   

                  気持ちの切り替えが上手です。

                   

                   

                   

                  お休みの日に遠出をして温泉に入れば、

                   

                  普段の疲れもふっ飛ぶ。

                   

                  仕事は今大変だけれど、これが終わったら

                   

                  自分へのご褒美に大好きなスィーツを楽しむ。

                   

                  気兼ねなく話せる友達とのおしゃべりで

                   

                  思いっきり笑って、気を晴らす。

                   

                  そうやって、リフレッシュしている方もいるでしょうね。

                   

                   

                   

                  特別なことをしなくても、

                   

                  日常にちょっとしたウキウキすることきを取り入れることも大事です。

                   

                   

                   

                  美味しい紅茶をお気に入りのカップで飲む

                   

                  キラキラなアクセサリーを身に付ける

                   

                  キレイな花を運気アップの方向に飾る

                   

                   

                   

                  自分のために、美しいもの、心地いいもの、楽しいもので

                   

                  環境を整えることは、心の安定のためにもと〜っても大事なのです。

                   

                  こういう毎日の積み重ねで、

                   

                  自分のことが愛おしく思えてきます。

                   

                  そうしたら、周りの人にも優しくなれるし、ね。

                   

                   

                   

                  そんなライフスタイルを提案するイベントに

                   

                  フラワーエッセンスのセッションで

                   

                  参加させていただくことになりました。

                   

                   

                   

                  フラワーエッセンスは

                   

                  人を癒したり気分を高めたりしてくれる

                   

                  植物のエネルギーです。

                   

                  今のあなたにピッタリのエッセンスをお選びし

                   

                  スプレーにしてお持ち帰りいただきます。

                   

                  お部屋やご自身にシュッシュッとして、

                   

                  ハッピーオーラを身にまとう!

                   

                  お花の優しいエネルギーのサポートで

                   

                  毎日の生活がますます輝いて楽しくなることでしょう。

                   

                  是非、イベントに足をお運びくださいませ。お待ちしております。

                   

                   

                   

                  【イベントのお知らせ】

                   

                  7人展〜上質なライフスタイル作り〜
                   

                  日時:  2017年4月28日(金)〜30日(日)
                        午前11時〜午後5時まで(最終日は4時まで)


                  場所:  吉祥寺 ギャラリー永谷
                        
                  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1

                        (駅から徒歩3分、ヨドバシカメラの並びのガラス張りのギャラリーです)
                   

                  出展者:

                   

                  <フィオーリヴィオラ> アーティフィシャルフラワー

                  http://ameblo.jp/viola77/(ブログ)

                   

                  <夏衣涼子> 風水心理カウンセラー

                  http://ameblo.jp/fusuitanoshii/(ブログ)


                  <Salon de Ramage>  紅茶とカルトナージュの教室

                  http://ameblo.jp/camellia0703/(ブログ)

                   

                  <ma cherie temps> ポーセラーツ

                  http://ameblo.jp/ma-cherie-temps/(ブログ)

                  土日のみ出展

                   

                  <CORAL SUPREME> フラワーアレンジメント

                  http://ameblo.jp/coral-supreme/ (ブログ)

                  http://www.coral-supreme.com (HP

                  金土4時までの出展

                   

                  <peach> ビーズアクセサリー

                  http://ameblo.jp/214727/ (ブログ)

                   

                  <渡辺啓美・エッセンスガーデン>フラワーエッセンス

                  http://r.goope.jp/essc-garden/top(HP)

                  http://essc-garden.jugem.jp/(ブログ)
                   

                   

                   

                  チラシもまだ出来ていない状態なのですが、

                   

                  各出展者のブログを覗いてみてくださいませ。

                   

                  とても素敵な先生たちとご一緒できて、楽しみです。

                   

                  詳細はまたご案内いたします。

                   

                   

                  あなたも気分アップの必殺アイテム、是非見つけてくださいね。

                   

                   

                   

                  【ご案内】

                  2/25(土) 10:30〜13:00開催 「大人のコミュニケーション講座

                             〜困った人との会話の流れを変える方法」 at 三鷹

                  http://r.goope.jp/essc-garden/menu/467226

                   

                   

                  2/25(土) 14:00〜17:00開催 おしゃべりカフェ at 三鷹

                  http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

                   

                  ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                  フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                   

                  最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                  ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                   

                   

                   

                  にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                  にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                  にほんブログ村


                  人は自分が見えない

                  0

                    JUGEMテーマ:人間関係

                     

                     

                     

                    こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                     

                     

                     

                     

                    『人こそ人の鏡』と言います。

                     

                     

                     

                    故事ことわざ辞典によると、

                     

                    【意味】

                     

                    人こそ人の鏡とは、他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、

                     

                    他人を見て自分を改める参考にせよということ。

                     

                    【注釈】

                     

                    鏡に自分の姿をうつして正すように、他人の言動は自身を正すのに

                     

                    よい手本になるということ。

                     

                    『書経』に「人は水に鑑みること無く、当に民に監みるべし

                     

                    (水鏡に自分をうつして見ることをせず、人民の声によって

                     

                    我が身を反省するのがよい)」とあるのに基づく。

                     

                    と、あります。

                     

                     

                     

                    人間は、自分の顔を見ることは出来ません?!

                     

                    いつも見ているよと思っているあなたのその顔は、

                     

                    鏡に映っている顔だったり、

                     

                    写真に写った顔だったり、しますよね。

                     

                    人があなたを見るように、

                     

                    自分の顔を直接見ることは出来ないのです。

                     

                    ボーっとしている時の自分がどんな表情をしているか、

                     

                    あなたは知りません。

                     

                    ん〜、

                     

                    当然、私も自分の表情を知りませんね(^^;)

                     

                    怖いですね〜。

                     

                     

                     

                    プロフィール写真の撮影で緊張をしている時にも、

                     

                    「笑って!」と言われ

                     

                    笑っているつもりなのに、

                     

                    写った顔は無表情だったりします。

                     

                    ちょっとやりすぎじゃないの?くらい

                     

                    顔の筋肉をあっちこっち動かして、

                     

                    やっと人から見て「笑顔」になるものです。

                     

                     

                     

                    不思議なことに、

                     

                    そんな無茶な!と思うようなことやっていると

                     

                    何だか楽しくなってきて、

                     

                    力の抜けた自然な笑顔になってきます。

                     

                     

                     

                    楽しいのか、楽しくないのか、

                     

                    そんなことさえ

                     

                    私たちはイマイチ実感できなかったりします。

                     

                    自分の顔を見られないのと同じに、

                     

                    自分の心も見えないのです。

                     

                    考えや感情とは、常に流れていてあやふやなものです。

                     

                     

                     

                    「自分のことがわからない」とは、困ったことですよね。

                     

                    自分が何を感じているのか、

                     

                    自分は何を考えているのか、

                     

                    自分は何を言いたいのか、

                     

                    頭の中をひとりグルグルすることはあります。

                     

                    それは、自分を水鏡に写しているようなもの。

                     

                    そこから抜け出すことが難しいのは

                     

                    誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

                     

                     

                     

                    ひとりでは「自分」を知ることができない私たちですが、

                     

                    自分を知る方法があります。

                     

                     

                     

                    それは、

                     

                    「人の言動」と「自分の反応や浮かんだ考え」に

                     

                    注目してみることです。

                     

                    人は色々な方法で「あなたが誰であるか」を教えてくれます。

                     

                     

                     

                    こんな風に直接的に言ってくれることもあるでしょう。

                     

                    「頑張っていますね」(見ていてくれて嬉しいなぁ)

                     

                    「疲れている?」(そういう風に見えるんだ、まずいな)

                     

                    「笑顔が素敵です」(恥ずかしい…)

                     

                     

                     

                    手本となって見せてくれることもあります。

                     

                    「はじめてのおつかい」で見せてくれる小さな子供の頑張り

                     

                    (泣くほど頑張って、達成するって最近していないなぁ)

                     

                     

                    カラダも心も自由に動けなくなってイライラするお年寄り

                     

                    (周りに迷惑をかけて、嫌われて当然よね。)

                     

                     

                    淡々とグチもこぼさずに、介護をこなしている人

                     

                    (辛いでしょうに、我慢していてはダメよ!)

                     

                     

                     

                    反面教師的に目の前に存在してくれることもあります。

                     

                    偉〜い先生の、長い話

                     

                    (面白くな〜い。もっと一般人がわかるように話さないと人は聞かないでしょ!)

                     

                     

                    意地悪をしてくる先輩

                     

                    (あなたより出来る人になってやる!ってことは

                     

                    随分な闘志が自分にはあるのかも?)

                     

                     

                    人には出来る人風に見せて、実は裏で工作している人

                     

                    (ずるいよね、でもいつか、ばれるかも?)

                     

                     

                     

                    今どういう人があなたの目の前にいますか?

                     

                    あなたはどういう反応や考え(カッコの中)がありますか?

                     

                    それが、あなた自身です。

                     

                    情けないところも、

                     

                    批判的なところも

                     

                    優しいところも

                     

                    たくましいところも

                     

                    嬉しいことも悲しいことも

                     

                    人があなたにサインを出して教えてくれるのです。

                     

                     

                     

                    先日ある方の講演を聞いていて、

                     

                    私はその人の考えが偏っていると思い、

                     

                    フーッとため息が出るくらい苛立っていました。

                     

                    それは、私なりに理由があったからです。

                     

                    でも、友達はその方のお話を平静に受け入れて聞いていました。

                     

                    反応や受け取り方は人様々です。

                     

                    どちらがいいとか悪いとかではありません。

                     

                     

                     

                    「自分を知る」には人を鏡として自分を映すこと。

                     

                    映した自分を受け入れることです。

                     

                     

                     

                    人と関わることは

                     

                    あなたの人生を生きることです。

                     

                    もちろん、1人静かにする時間も必要でしょう。

                     

                    でも、人と関わることから逃げてしまったら、

                     

                    生きるエネルギーもなくなってしまいます。

                     

                     

                     

                    人と関わっていたら、いいことばかりではありません。

                     

                    傷つくことや嫌な気持ちになることもあります。

                     

                    それは、自分と人を理解することにおいて、

                     

                    とても貴重な経験です。

                     

                    同時に人と関わっていなければ

                     

                    喜びや幸せも感じることはできません。

                     

                     

                     

                    人って、ありがたいものです。

                     

                     

                     

                    【ご案内】

                    ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                    フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                     

                     

                    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                    ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                     

                    にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                    にほんブログ村

                     

                    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                    にほんブログ村


                    災難に負けない!レジリエンス

                    0

                      JUGEMテーマ:生き方

                       

                        

                       

                      こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

                       

                       

                       

                      ここのところ、災難に見舞われ続けて

                       

                      毎日泣いておりました。

                       

                       

                       

                      そういう時ないですか?

                       

                      「これでもか?!」ってくらい

                       

                      トラブルが続くこと。

                       

                       

                       

                      フェイスブックのイベントを間違えて非公開で設定し作り直し、

                       

                      イベントの案内ハガキをネット印刷で頼んだら

                       

                      印刷所のミスで両面とも写真になって出来上がり、宛名を書くところがない、

                       

                      以前に電話・インターネット回線の料金が安くなるとの案内で手続きしたけれど

                       

                      結局安くなっていなくて、だまされていたことが判明、

                       

                      天井の蛍光灯を変えようとして

                       

                      カバーを外したら落として破損。

                       

                       

                       

                      私、何か悪いことした?

                       

                      って感じです。

                       

                       

                       

                      逆境です。逆境!!

                       

                       

                       

                      そんな時、「レジリエンス〜逆境に強いパーソナリティ〜」というセミナーが

                       

                      あることを知り、参加してきました。

                       

                       

                       

                      レジリエンスとは、

                       

                      「精神的回復力、復元力、再起力、折れない心」などと訳されていますが、

                       

                      困難や逆境にも折れることなく、立ち直ることができる

                       

                      『しなやかな強さ』のことです。

                       

                       

                       

                      日本では東日本大震災以降、注目された概念です。

                       

                      それからいくつか本も目にするようになりました。

                       

                       

                       

                      パーキンソン病を患っていたマイケル・J・フォックスが俳優復帰したことで、

                       

                      レジリエンスの代表みたいな記事もありました。

                       

                       

                       

                      海外でレジリエンスという概念が注目され始めたのは1970年代。

                       

                       


                      きっかけの1つとなったのが、第2次世界大戦で孤児となった人たちの研究でした。

                       

                       


                      孤児たちのその後を調査すると、

                       

                      過去のトラウマや不安にさいなまれ生きる気力を持てない人たちがいる一方で、

                       

                      トラウマを乗り越え仕事に前向きに取り組み、幸せな家庭を築く人たちもいたのです。

                       

                       


                      逆境に強いと言うと、何か「鋼のような強固な心」というイメージがありませんか?

                       

                       

                       

                      実は研究からわかったことは、

                       

                      レジリエンスには思考の柔軟性や楽観性が必要だということだったのです。

                       

                       

                       

                      厳しい状況にあっても、

                       

                      ネガティブな面だけでなくポジティブな面を見る、

                       

                      変えられることは変える努力をし、

                       

                      変えられないことは受け入れること。

                       

                       

                       

                      元々レジリエンスが高い人もいますが、

                       

                      自分を見つめたり、日々のトレーニングで

                       

                      レジリエンスを高めていくことはできます。

                       

                       

                       

                      その最たるものは、スポーツの世界。

                       

                      スポーツジャーナリストの生島淳さんから

                       

                      プロの選手のリアルなお話を聞くことが出来ました。

                       

                       

                       

                      大リーグ、カブスの川崎宗則選手が監督からマイナーリーグ宣告を

                       

                      された時の話が興味深かったです。

                       

                       

                       

                      礼儀正しい日本人ならば、気持ちを切り替えて大騒ぎせずに、

                       

                      「お世話になりました。マイナーで頑張ってきます」

                       

                      くらいは言えるかもしれませんね。

                       

                       

                       

                      ところが川崎宗則選手は、

                       

                      「わかった。

                       

                      承諾する代わりに、ここで一番高いワインを開けてくれ」

                       

                      とワイン好きの監督が持っているワインセラーの中で

                       

                      一番高いワインで乾杯したそうです

                       

                       

                       

                      生島さんが言っていたのは、

                       

                      監督も選手にマイナー宣告をするのは辛いのだそうです。

                       

                      その気持ちも汲んで、そんなこと言えるのはスゴイと。

                       

                       

                       

                      まあ、川崎選手は野球ができれば幸せな人らしいです。

                       

                       

                       

                      その楽観性が、

                       

                      ネガティブな状況に留まらせないレジリエンスの源なのでしょうね。

                       

                       

                       

                      川崎選手に見習って

                       

                      私もレジリエンスを発動!

                       

                       

                       

                      楽観性アップのために

                       

                      好きな音楽をかけて見えてきたことは…

                       

                       

                       

                      アレ?

                       

                      わたし…

                       

                      あれこれ手を出し過ぎていたみたいです。

                       

                      今、出来ないこともやろうとシャカリキになっていました。

                       

                       

                       

                      冷静に考えたら、

                       

                      手に負えないくらい、抱え込んでいたのです。

                       

                       

                       

                      出来ないことは、出来ない。

                       

                      今は手放すことにしよう。

                       

                      災難がやっと、止まってくれました。

                       

                       

                       

                      ホッ〜、よかった(*^^*)

                       

                       

                       

                      逆境に遭遇したら

                       

                      一歩引いてみるのも一つの方法です。

                       

                       

                       

                       

                       

                      【ご案内】

                      4月28日〜30日 吉祥寺にて「七人展」出展

                      フラワーエッセンス・セッションの事前予約も承っています。詳細は → 

                       

                      ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                      フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                       

                       

                       

                      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                      ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                       

                      にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                      にほんブログ村


                      << | 2/4PAGES | >>