calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

問い合わせ先

渡辺 啓美(わたなべ ひろみ) hiromi.lehahiah34@gmail.com エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden/top

お気に入り、お勧めの本

コミュニケーションの達人になりたいなら、○○のスイッチを入れる

0

    JUGEMテーマ:コミュニケーション

     

     

    こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

     

     

     

     

     

     

    幼児の耳を育てるプロ、絶対音感コーチの鬼頭敬子さんのご本によると、

     

    7歳までの子供であれば

     

    「絶対音感」はトレーニングで身につくそうです。

     

     

    https://www.amazon.co.jp/dp/4413112156

     

     

    絶対音感って生まれ持ったもので、特別な才能だと思っていました!

     

     

     

    しかも、

     

    絶対音感を育てると集中力・記憶力・語学力・計算力も、

     

    合わせて伸びるそうです。

     

     

     

    すごいですねぇ。3歳に戻りたいくらいです()

     

     

     

    「もう、遅いじゃん」と思ったあなた!

     

     

     

    あきらめては、いけません!!

     

     

     

    絶対音感とまではいきませんが、

     

    聴覚を含めた『五感』を高めることは、

     

    コミュニケーション能力を伸ばすと

     

    心理学では言われています。

     

     

     

    どういうことでしょうか?

     

     

     

    実は、

     

    人と人のやり取りは、

     

    「言葉そのもの」だけではないのです。

     

     

     

    人は物事をとらえる時に

     

    自然と五感を使っています。

     

     

     

     

    五感とは

     

    視覚、聴覚、体感覚(触覚)、味覚、嗅覚の5つの感覚です。

     

     

     

    その中でも特に

     

    コミュニケーションに深く関わっていると言われているのが

     

    <視覚>

    <聴覚>

    <体感覚>

     

    です。

     

     

     

    言葉の背景や、言葉の周りのニュアンスを

     

    この感覚を使って感じているのです。

     

     

     

    ちょっと、想像してみてください。

     

     

     

    あなたがいつも通り「おはようございます」とあいさつをした時

     

    相手の方がいつもより小さい声で

     

    しかも下向き加減で

     

    モソモソっと「おはようございます」と言ったとします。

     

    その時、一瞬で自分の中に反応が起こります。

     

     

     

    「元気がないな。何かあったかな?」

     

    「アレ?私、なんか悪いこと言っちゃった?」

     

    「機嫌悪そう。とばっちりを受けないように気をつけよう」

     

     

     

    相手の表情を読み取ったり、

     

    声のトーンやスピードを聞き分けたり、

     

    自分の中に「ヒヤッ」とした感覚があったり、

     

    「おはようございます」という言葉以外の

     

    相手が言っていない情報を

     

    私たちは五感を通して感じています。

     

     

     

    「好きだよ」と言われても

     

    「本気じゃないでしょ!」と喧嘩になるのは

     

    『言葉だけが真実じゃない』と

     

    知っているからですね()

     

     

     

    よく考えると、

     

    この五感は、スゴイ能力です。

     

    脳科学的には、

     

    人が生き延びるために必要不可欠な

     

    動物的な能力なのです。

     

     

     

    しかしながら

     

    現代人はテレビやネットなどの情報が多すぎて、

     

    この五感が弱まっているかもしれません。

     

     

     

    誰でも本来もっている五感の能力を高めると

     

    言葉の背景を感じ取ることが出来るようになります。

     

     

     

    「モヤモヤして整理されていない思い」

     

    「口に出せない辛さ」

     

    「言葉に出来ないほどの愛おしさ」

     

     

     

    誰だって、

     

    そういうことがあるものです。

     

    そう、スラスラと自分のことを言えるものではないですよね。

     

     

     

    あなただって、そうではありませんか?

     

     

     

    でも、

     

    相手には「明確な言葉」を要求したりします。

     

     

     

    はっきり言ってくれないと、分からないじゃない!と。

     

     

     

    ビジネスでは、やり取りに間違いがないように

     

    常に確認が必要かもしれません。

     

     

     

    でも、日常の会話は

     

    結構、曖昧なものです。

     

     

     

    そこに、様々な誤解が生まれます。

     

     

     

     

    五感を高めるということは

     

    『自分の中の曖昧なもの』に気づく感度を

     

    高めるということでもあります。

     

     

     

    こんな人、よく、いませんか?

     

    なんか機嫌が悪くて、プリプリ、イライラした態度で人に接する人。

     

    周りが迷惑するだけで、何も解決にはなりませんね。

     

    でも、その人自身も、

     

    何で機嫌が悪くなったのか、わかっていないのかもしれません。

     

     

     

    五感を高めたら、

     

    あの時の、あの人の、あの一言で、傷ついた、と

     

    自分の心の変化に気付くことが出来ます。

     

     

     

    自分で、自分の「イライラ」の背景に気づくことが出来るのですね。

     

    その原因に気づくことが出来たら、

     

    その相手に「傷ついた」と言えばいいわけです。

     

     

     

    五感は【気づく力】を高めてくれます。

     

     

     

    じゃあ、どうしたら五感を高めることが出来るでしょうか?

     

     

     

    おススメの方法がありますよ。

     

     

    1.  物を作る。

     

    粘土やコラージュ、絵を描くなど、楽しいことなら何でも。

     

    特にお料理は、五感すべて使うのでおススメ。

     

     

    2.  いつもと違う道を通る。

     

    知らない道で、目も耳も働かせて目的地を目指してみましょう。

     

     

    3.  カフェで人間観察する。

     

    どんなに素敵な人がいても、

     

    変な人に思われないように、さりげなく…。

     

    私は、隣の人の会話に耳がダンボになることがよくあります(^^;)

     

     

    4.  目を閉じて、耳をすましてみる。

     

    絶対音感は無理でも、聴覚を高めたい!

     

    いつもは聞こえない、鳥のさえずりが突然耳に入ってくるかも?

     

     

    5.  やったことがないことにチャレンジする。

     

    頭で考えたって、上手くいかないでしょ。五感をフルに発揮して。

     

     

     

    お勉強ばっかりして、頭がよくなっても、

     

    コミュニケーションの達人にはなれませんよ。

     

     

     

    色んな楽しい刺激で

     

    五感にスイッチを入れましょう!

     

     

     

     

     

    【ご案内】

    ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

    フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

     

     

     

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

     

    にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
    にほんブログ村

     

    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    にほんブログ村


    悩みがある方に、お尋ねします

    0

      JUGEMテーマ:生き方

       

       

      こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

       

       

       

       

      今朝、

       

      同じマンションに住んでいると思われる男性の方と

       

      すれ違いました。

       

       

       

      他の部屋の方と交流のあるマンションではないのですが、

       

      すれ違う時に

       

      「おはようございます」くらいは

       

      言いますよね。

       

       

       

      ところが、

       

      今朝の方は

       

      顔を下に向けたまま。

       

      顔を上げることもしてくれませんでした。

       

       

       

      っ…(はようございます)

       

      とだけ言って

       

      私の言葉が続きませんでした(笑)

       

       

       

      まるで、

       

      「世の中は

       

      自分ひとりと思っているんじゃないか?」

       

      くらいの勢いで

       

      自分の世界に浸っていましたねぇ。

       

       

       

      昨日の夜、上の階から

       

      女性のワーワー泣き叫ぶ大きな声が聞こえてきて

       

      ビックリしたのですが、

       

      そのお宅の人かなぁ〜

       

      なんて想像してしまいました。

       

       

       

      その方のように

       

      自分の世界に引きこもってしまうことは

       

      誰でもあります。

       

       

       

      悩みがある時は

       

      自分の外の世界に振り回されてしまっては

       

      傷ついた自分の心の安全が

       

      確保できないのです。

       

       

       

      だから、

       

      自分の殻の中は

       

      確かに、一時の安全場所であると言えます。

       

       

       

      でも、

       

      周りが見えないということも

       

      実は

       

      危険なんですよね。

       

       

       

      何かが自分に向かって飛んできても

       

      避けられないでしょ?

       

       

       

      たとえば、

       

      この方が

       

      奥様に責められて

       

      自分を悲観していたとしたら…

       

      自分の感情だけに支配されているとしたら…

       

       

       

      奥様が本当は何を言いたいのか

       

      奥様が心の底で望んでいるのは何なのか

       

      2人でどうしたら道が開けるのか

       

      その問題の受け止めるべきものを

       

      受け止めることもできないでしょう。

       

       

       

      <責める奥様>と

       

      <悲観するご主人>の

       

      サイクルから抜け出られないのです。

       

       

       

      ま、このストーリーは

       

      想像ですけどね。

       

       

       

      ご自分に置き換えて考えてみてください。

       

       

       

      悩みがある時、

       

      あなたは

       

      どんな感情や思い、考えで

       

      埋め尽くされてしまうでしょう?

       

       

       

      「辛い自分」

       

      「かわいそうな自分」

       

      「自分は悪くない」

       

      「私が我慢さえすれば」

       

      「もう無理」

       

       

       

      そういう時、

       

      別の発想って出来ますか?

       

       

       

      難しいですよね。

       

       

       

      なぜなら、

       

      そういう時のあなたは

       

      無防備に

       

      問題に放り込まれてしまっているから。

       

       

       

      泳げないのに、

       

      ひとり海で溺れて、

       

      バタバタしているような感じです。

       

       

       

      バタバタするしか

       

      出来ないのです。

       

       

       

      バタバタすることしか

       

      出来ないと信じています。

       

       

       

      そのうち、

       

      エネルギーを使い果たしてしまいます。

       

       

       

      そんな状況でも

       

      奇跡的に助かる人っているんですよね。

       

       

       

      何が違うのでしょう?

       

       

       

      そのバタバタの中、

       

      『生き延びてやる!』っていう

       

      執念です。

       

       

       

      待っている家族がいて

       

      その家族を泣かせたくなくて

       

      また抱きしめたくて

       

      自分もやりたいことがあって

       

      「こんなところで死ねない」って

       

      執念です。

       

       

       

      そのためには…

       

      バタバタを止めて、エネルギーを温存しようとか

       

      遠くの小さな光に希望を見出すとか

       

      神に祈るとか?

       

      その状況の中で

       

      出来ることは何でもしようとするのです。

       

       

       

       

      問題に巻き込まれた時

       

      悩みを抱えた時に

       

      2つの選択肢があります。

       

       

       

      ひとつは、

       

      『悩みに、ただどっぷり浸かる』

       

       

       

      もうひとつは、

       

      『悩みを解決して、前に進む』

       

       

       

      「誰だって、悩みになんか浸かっていたくないでしょ」

       

      とあなたは思っているかもしれませんね。

       

       

       

      でも、

       

      悩みにどっぷり浸かっているには

       

      ちゃんとしたメリットがあるのですよ。

       

       

       

      どういうメリットかと言うと

       

      【何もしなくていい】

       

      ということ!?

       

       

       

      『冷静を取り戻すように自分をコントロールし

       

      問題に直面し

       

      自分の否を認め

       

      勇気を振り絞って

       

      リスクがあるかもしれない行動を起こす』

       

      ということをしなくていいのです。

       

       

       

      「何かを始めたいんですけれど、出来ないんです」と

       

      悩んでいる人は

       

      【何かを始めたい、向上心のある私】が

       

      好きなだけです。

       

       

       

      渦中にいる時は、気が付かないことですが…

       

       

       

      実際、行動するようになって

       

      初めて

       

      あの時の私は…って気が付くんです。

       

       

       

      だって、やり始めたら想像しているより大変で

       

      あの時は呑気だったなぁと知るからです。

       

       

       

      これは、

       

      私の話ですが(^^;)

       

       

       

      みんな悩んでいる時は

       

      真剣なんです。

       

       

       

      本当に、

       

      真剣に、

       

      悩んでいます。

       

       

       

      でも、

       

      真剣に

       

      【悩みを解決しよう】

       

      とは、

       

      していないかもしれません。

       

       

       

      『悩みがあります』というあなたは、今

       

       

       

      その悩みにどっぷり浸かっていませんか?

       

       

       

      それとも

       

       

       

      あなたの思い描く未来のために

       

      その悩みから生還しようとしていますか?

       

      あなたが悩んでいるのは、その策略でしょうか?

       

       

       

      あなたの

       

      『生き延びようという執念』を

       

      呼び戻すと

       

      必ず

       

      楽しいことが待っていますよ。

       

       

       

       

      【ご案内】

      ≪第3回武蔵野美女活フェス≫出展

      日時: 2017年5月13日(土) 11:00〜17:00

      場所: Tree Eight Nine 三鷹 2F

           三鷹市下連雀3−37−31

           (JR中央線、総武線、東西線「三鷹駅」下車、南口から徒歩3分)

      ホームページ: http://b-fes.weight-loss.jp

       

       

      5/20開催、大人のコミュニケーション講座「五感を磨いて、ナチュラル・コミュニケーション」

      http://r.goope.jp/essc-garden/menu/499451

       

       

      5/20開催、おしゃべりカフェ

      http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

       

       

      ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

      フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

       

       

      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

      ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

       

      にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
      にほんブログ村

       

      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
      にほんブログ村


      指をくわえているより、やってみて!

      0

        JUGEMテーマ:生き方

         

        こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

         

         

        気持ちいいお天気のゴールデンウィークは、

         

        いかがお過ごしですか?

         

         

         

         

        私は前半の3日間イベント「七人展」に出展、

         

        終わってからは家に引きこもって作業、

         

        今日やっとお友達とランチを楽しんできました。

         

         

         

        実はそのお友達も、

         

        同時期に別のイベントに3日間出展していました。

         

         

         

        なので、2人で打ち上げです

         

         

         

        イベントって『お祭り』みたいです。

         

         

         

        準備はやることがいっぱいだし、

         

        慣れていないと色々不安になるし、

         

        他の人とのコミュニケーションをとることも大事だし、

         

        宣伝しても…宣伝しても…足りない気がするし、

         

        でも、始まったら

         

        あっという間に終わってしまうのです。

         

         

         

        ふたりで話していたら、

         

        それぞれ

         

        失敗や反省点が、いっぱい出てきました。

         

         

         

        「あ〜、楽しかった!」だけでは終わらなかった

         

        私たち、それぞれの一番の収穫は

         

        この失敗や反省点だったりするのです。

         

         

         

        本当に、本当に、

         

        すごく大変だったんですよ!!!

         

         

         

        この大変な体験や経験は

         

        スキ好んで

         

        得られるものではありません。

         

         

         

        「ちょっと無理かも?」と、

         

        ただ指をくわえていれば

         

        楽チンなんです。

         

         

         

        でも、わたしたち

         

        それぞれの高い目標に向かって

         

        手を抜かず100%頑張ったから

         

        学びがあったのだと、

         

        改めて思いました。

         

         

         

        指をくわえているより、

         

        実際にチャレンジすることは

         

        想像しているよりも

         

        ずっと、ずっと、

         

        大きな宝物を与えてくれます。

         

         

         

        それに…

         

         

         

        何も無いより

         

         

         

        絶対

         

         

         

        面白い!!

         

         

        でしょ?

         

         

         

        ふたりで、

         

        そういう結論に達しました。

         

         

         

        それで…

         

         

         

        ワタクシ、

         

        また懲りずに、

         

        イベントに出展します。

         

         

         

        お花の力で心を癒す

         

        フラワーエッセンス特別セッション

         

        何と、ミニスプレー付きで

         

        10分 1,000円!

         

         

         

        しかも、ご希望者には

         

        イベント会場限定の資料をご用意しました。

         

        フラワーエッセンスが初めての方へ

         

        いつでもご機嫌でいられる魔法

         

        フラワーエッセンスのご案内と実例紹介」

         

        をPDFでプレゼントいたします。

         

         

         

         

        今回の私の挑戦は

         

        ブース紹介のムービーを作ってみました。

         

        会場の大きな画面で

         

        見られるそうです(*^^*)

         

         

         

         

        フラワーエッセンスを試してみたい方、

         

        いつまでも美しく元気でいたい方、

         

        このイベントは

         

        またとないチャンスですよ。

         

         

         

        ほ〜ら、

         

        あなたも

         

        指をくわえていないで、

         

        やってみて(^^)/

         

         

         

        ≪第3回武蔵野美女活フェス≫

         

        日時: 2017年5月13日(土) 11:00〜17:00

         

        場所: Tree Eight Nine 三鷹 2F

             三鷹市下連雀3−37−31

             (JR中央線、総武線、東西線「三鷹駅」下車、南口から徒歩3分)

         

        ホームページ: http://b-fes.weight-loss.jp

         

        主催: 武蔵野美女活応援プロジェクト実行委員会

         

         

         

        これで、当分イベント出展の予定はありません。

         

        私のバタバタ振りを見たい方も?

         

        遊びにいらしてくださいね。

         

         

         

         

        【ご案内】

        5/20開催、大人のコミュニケーション講座「五感を磨いて、ナチュラル・コミュニケーション」

        http://r.goope.jp/essc-garden/menu/499451

         

        5/20開催、おしゃべりカフェ

        http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

         

        ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

        フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

         

         

        最後までお読みいただき、ありがとうございました。

        ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

         

        にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
        にほんブログ村

         

        にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
        にほんブログ村


        「七人展」のご案内

        0

          JUGEMテーマ:コミュニケーション

           

           

           

           

          こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

           

           

          4月28日〜30日、吉祥寺でのイベント「七人展〜上質なライフスタイル作り〜」の

           

          ご案内です。

           

           

           

          お花のアレンジメント、ビーズアクセサリー、食器、紅茶、風水の先生方とご一緒に、

           

          生活が楽しくなるヒントをご提案します。

           

           

           

          また、5月の母の日にプレゼントをお考えの方、お母様や奥様に喜んで頂ける特別な品々も

           

          ご用意しております。是非足をお運びくださいませ。

           

           

           

          日時:  2017年4月28日(金)〜30日(日)
                午前11時〜午後5時まで(最終日は4時まで)


          場所:  吉祥寺 ギャラリー永谷
                東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1

                (駅から徒歩3分、ヨドバシカメラの並びのガラス張りのギャラリーです)

           

           

           

          フラワーエッセンスが初めての方にも、気軽にお試しいただける、イベント限定お得なセッションを

           

          ご用意しました。この特別な機会に、是非体感してみてくださいね。

           

          (フラワーエッセンスって何?という方はこちらへ → HPの記事

           

          限定枠として事前予約も承っております。 お申し込みは → こちらへ

           

           

           

              九星気学とフラワーエッセンスの特別コラボ・セッション

           

          風水カウンセラーの夏衣先生に九星気学でご自身の持って生まれた気質を読み解いていただき、

           

          渡辺がその方の本来の魅力を輝かせる「バラシリーズ」から1本のエッセンスをお選びします。 

           

          すぐ使えるミニスプレープレゼント付き!

           

            【料金】 20分 3,000円 (当日現金)

           

            【セッション日時】

            28日() 11:30〜11:50

            28日() 12:00〜12:20

            28日() 12:30〜12:50

           

            29日() 11:30〜11:50 予約済

            29日() 12:00〜12:20 予約済

            29日() 12:30〜12:50 予約済

           

           

           

          カラフルフラワーズ・ひとりひとりの個性開花セッション

           

          ご自分の個性・自分らしい生き方を発見&サポートするセッションです。

           

           

          カラーとフラワーエッセンスで新しい自分を発見しませんか!

          驚きと喜びいっぱいの楽しいセッションです。

           


          ご自分が本来備わっているポジティブな性質を刺激し、癒し、高めてくれるという

          「果物と野菜の花たちシリーズ」20本の中から2本のエッセンスをお選びします。

           

          すぐ使えるミニスプレープレゼント付き!
          *具体的なお悩み、あるいは達成したい目標・課題がある方は、
            そちらをテーマにすることも可能です。

           

          【料金】 20分 2,000円 (当日現金)

           

          【セッション日時】

          28日(金) 14:00〜14:20

          28日(金) 15:00〜15:20

          28日(金) 16:00〜16:20

           

          29日(土) 14:00〜14:20

          29日(土) 15:00〜15:20

          29日(土) 16:00〜16:20

           

          30日(日) 11:30〜11:50

          30日(日) 12:30〜12:50

          30日(日) 13:30〜13:50

           

           

           

           

              当日限定!ラッキー・セッション

           

          お気軽・10分のショートバージョン。7本のチャクラエッセンスでエネルギーバランスを整えます。

          もちろん、ミニスプレープレゼント付き!

           

            【料金】 10分 1,000円

           

           

           

           

           

          上記.灰薀椒札奪轡腑鵝△△襪い廊▲ラフルセッションをご希望の方は、事前に予約されますと

          優先的にセッションを受けて頂けます。

           

           

          下記明記の上、予約お申し込みください → こちらへ

          1.  希望のセッション .灰薀棔or ▲ラフル

          2.  希望の日時(第3希望まで)

          3.  お名前

          4.  電話番号 (当日緊急連絡用です)

          5.  メールアドレス

           

           

           

           

          他6名の出展者をご紹介します。

           

          <フィオーリヴィオラ> アーティフィシャルフラワー
                         
          http://ameblo.jp/viola77/(ブログ)

           

          <夏衣涼子> 風水心理カウンセラー
                         
          http://ameblo.jp/fusuitanoshii/(ブログ)


          Salon de Ramage>  紅茶とカルトナージュの教室
                         
          http://ameblo.jp/camellia0703/(ブログ)

           

          ma cherie temps> ポーセラーツ
                         
          http://ameblo.jp/ma-cherie-temps/(ブログ)
                          土日のみ出展

           

          CORAL SUPREME> フラワーアレンジメント

          http://ameblo.jp/coral-supreme/ (ブログ)

          http://www.coral-supreme.com HP

          金土4時までの出展

           

          peach> ビーズアクセサリー 

          http://ameblo.jp/214727/ (ブログ)

           

           

           

          会場でお会いできます事、楽しみにしております。

           

           

           

          【ご案内】

          ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

          フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

           

          最後までお読みいただき、ありがとうございました。

          ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

           

           

           

          にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
          にほんブログ村

           

           

          にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
          にほんブログ村


          フィットする靴は、最高!

          0

            JUGEMテーマ:生き方

             

             

             

            こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

             

             

             

            オッホン!

             

            わたくし、

             

            この1年で、何と…

             

            14kgのダイエットに成功いたしましたーーー!!

             

             

             

            フフッ、自慢です(^^)/

             

             

             

            「そんな無理して大丈夫なの?」とお思いですか?

             

            ちゃんと食事指導してもらって、

             

            筋肉量を落とさず脂肪だけ落ちた健康ダイエットですよ。

             

             

             

            スリムになったのはいいのですが、

             

            それはそれで

             

            問題があります。

             

             

             

            どういう問題かと言うと、

             

            サイズダウンの洋服をいつ買うか?ということです。

             

             

             

            お金が有り余るほどあればいいのですが、

             

            ケチな私は、色々な考えが交錯しました。

             

             

             

            ギュウギュウだったパンツが少〜しゆるくなったかなぁと思った時、

             

            嬉しいと同時に、

             

            まだまだ気を許してはいけない、

             

            また太るかもしれない、

             

            と内心ビクビクです。

             

             

             

            少しぐらいのゆるみなら、そのまま着続けます。

             

            元々キツキツだったので、そのゆるみは

             

            ほんのちょっとだけ、優越感だったりします。

             

             

             

            順調にもう少しサイズダウンしたら、買うでしょ?

             

            いや、まだまだ…

             

             

             

            明らかにゆるいのですが、

             

            今ピッタリのサイズを買ってしまったら

             

            勿体ないと考えます。

             

            だって、これからもっと痩せて

             

            また、すぐ着られなくなっちゃうかもしれないから。

             

             

             

            それに新しいサイズのパンツを「試着」するのが、

             

            実は嫌なのです。

             

            入ると思ったのに「やっぱり入らない…」

             

            という恐怖を味わいたくないんです。

             

             

             

            ゆるいパンツをそのまま着続けていると

             

            いつの間にか、ズルッとずり下がってきてしまいます。

             

            でもね、世の中にはいいものがあるのです。

             

            『ゴムで出来たベルト』という物が売っていて、

             

            それをパンツのベルト通しに通すと…

             

            アラ、不思議!

             

            ずり下がってこないではありませんか。

             

             

             

            悦に入り、そのまま着続けていると…

             

            ゴムベルトを使ってずり落ちてはこないのですが、

             

            余った布が少しずつ増えてきて、

             

            ウエスト部分がボコボコとダボついてきます。

             

             

             

            さすがに、カッコ悪いなぁと思います。

             

             

             

            やっと、

             

            やっと、

             

            意を決して

             

            今までより2サイズ下のパンツを持って試着室に入ります。

             

             

             

            あ〜、スッと入った時の気持ちよさ!

             

            鏡に映った自分は

             

            以前見ていたシルエットとゼ〜ンゼン違います。

             

             

             

            「なんか、イイ感じじゃない?!」

             

            とひとりニヤニヤ。

             

             

             

            とうとう、ピッタリのサイズのパンツを手に入れたのです。

             

             

             

            またサイズが戻るかもしれないという恐怖を乗り越え、

             

            新しいサイズの自分を受け入れることが出来ました!

             

             

             

            「服ごときで、大げさな…」ですよね。

             

            今どき、プチプライスの洋服はいっぱい売っていますもの。

             

            なんだかんだ言っていないで、

             

            合わない服はとっとと処分した方がいいですね。

             

            これは、ケチな私のお話です。

             

             

             

            でもね、

             

            この新しいサイズの服を手に入れるまでの心の変化は

             

            何か新しいことを始めた時と同じです。

             

             

             

            新しい仕事、

             

            新しい場所、

             

            新しい企画、

             

            新しい人間関係、

             

            新しいステータス、

             

            その新しいステージに慣れるまでは、心が揺れます。

             

             

             

            新しいステージに登る時

             

            そこにいる自分をなかなか認められません。

             

             

             

            自分にフィットしないそのステージで

             

            うまくいかないことばっかり起きて

             

            自己嫌悪になったり、自信喪失したりします。

             

             

             

            それで、今までの住み慣れたステージが

             

            恋しくなってしまうのです。

             

             

             

            ここが踏ん張りどころです!

             

             

             

            新しいステージに上がると決めた自分が

             

            あきらめずに頑張っていれば

             

            そのステージに慣れてきます。

             

            そこにいるのが当然、

             

            もう、ずっと前からいるみたいに

             

            居心地がよくなります。

             

             

             

            でも、そうなる前にあきらめてしまったら?

             

            以前のステージにリバウンドまっしぐらです。

             

            だってそこは、

             

            良く知っていて安全で、頑張らなくていいから。

             

            簡単に戻ってしまいます。

             

             

             

            だから、新しいステージに慣れるには

             

            時間と努力と辛抱が肝心です。

             

             

             

            ダイエットに成功すると足も痩せるんですよ。

             

            今までの靴がブカブカで、フィットしなくなりました。

             

            おしゃれして、素敵なハイヒールを履きたいなぁ。

             

             

             

            スニーカーしか履いていなかった私が

             

            ハイヒールを履いてキレイに歩けるようになるには

             

            トレーニングしなければなりません。

             

             

             

            脚や背中の筋肉が必要だし、

             

            柔軟性を鍛え、力の抜き方も学ばなければなりません。

             

             

             

            今までよりもステージの高い、憧れのおしゃれな靴が

             

            自分の足をふわっと包み込むようにフィットするようになったら

             

            どこまでも歩けるような気がします。

             

            この素敵な靴を履いている自分をみんなに自慢したい気分です。

             

            どこに行っても楽しくて、最高です!

             

             

             

            もし、

             

            そんな私をどこかで見かけたら

             

            声をかけてくださいね。

             

             

             

             

            【ご案内】

            新たなあなたを発見しませんか?ライフスタイルをステージアップさせるヒントがありますハート

            「七人展〜上質なライフスタイル作り」

            4月28日()〜30日() 吉祥寺・ギャラリー永谷

            こんなフラワーエッセンスセッションをします。

                九星気学と特別コラボ

                カラフルフラワーズ・ひとりひとりの個性開花セッション

            事前予約も受付中!

            詳細は → こちら

             

             

            ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

            アメブロ: 最速ステージアップ90日プログラム http://ameblo.jp/hiromi-garden1187

            フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

             

             

            最後までお読みいただき、ありがとうございました。

            ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

             

            にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
            にほんブログ村

             

            にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
            にほんブログ村


            「やり切った」笑顔の意味

            0

              JUGEMテーマ:人間関係

               

               

               

               

              こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

               

               

               

              フィギュアスケートの浅田真央選手が引退を決意されましたね。

               

               

               

              天才少女と言われ、

               

              10年以上も大きな期待を背負い続けた国民的ヒロイン。

               

              どんなにプレッシャーを感じてきたことでしょう。

               

              私には想像も及びません。

               

               

               

              同級生が遊んでいる間、

               

              真央さんは情熱のすべてをスケートに注ぎ込んだからこそ、

               

              「フィギュア人生に悔いはありません」と

               

              清々しい笑顔で言い切れるのですよね。

               

               

               

              「スケートをしていて辛かったことは?」という質問に

               

              「自分がやりたいと思って望んできた道。

               

              辛いと思ったことはありません。」

               

              と答えています。

               

               

               

              トップアスリートの世界なのだから

               

              大変じゃない、わけがないですよ。

               

              しかも、プライベートでは家族のことで辛い思いもしたはず。

               

              自分と向き合っての休場からの復帰もありましたね。

               

               

               

              どんな環境でも人のせいにしないで、

               

              自分の高みを目指し、

               

              笑顔を忘れない。

               

              継続することも

               

              引退することも

               

              自分で決断する。

               

               

               

              その尋常ではない強くてピュアな気迫が美しい演技にも表われて

               

              そこに私たちは魅了されたのではないでしょうか。

               

               

               

              次の目標が決まったら

               

              きっとまた全力で打ち込まれることでしょう。

               

              楽しみですね。

               

               

               

              あなたは、日常の中で

               

              何か違うことをしたいなぁと思う時がありませんか?

               

               

               

              新しいことを始める前に、

               

              ちょっと自分を振り返ってほしいことがあります。

               

               

               

              それは、

               

              今いる場所、今のステージで

               

              『出来るすべてをやり切っているか、どうか』ということ。

               

               

               

              「やり切って」次に行くのと

               

              「やり切らないで」次に行くのは

               

              大きな違いがあるのです。

               

               

               

              私は転職を何度もしています。

               

              一般的に転職が多い人のイメージというのは

               

              どこでも人間関係につまずき、その仕事も評価されない

               

              自分に自信がなくて、すり減っている感じ、

               

              というところでしょうか。

               

               

               

              実は、世の中そういう人ばかりではないのです。

               

               

               

              転職が10回を超えているけれども

               

              元気でイキイキと個性を活かして仕事をしている方は

               

              私の周りには、たくさんいます。

               

               

               

              そういう人はどういう人かと言うと

               

              ただ仕事を変えるということを繰り返しているのではありません。

               

               

               

              転職の中で

               

              人間関係や社会というもの、そして自分という人間を

               

              体験として、しっかり学んでいるのです。

               

               

               

              慣れない仕事、初めての人間関係と言うのは失敗も多いですから

               

              そこからも学び、力をつけていきます。

               

               

               

              出会いや世界が広がれば、

               

              自分が知っていることだけがすべてではないことに納得でき、

               

              謙虚さも礼儀正しさも身に付きます。

               

               

               

              そこで得られることはすべて貪欲に自分のものとし、

               

              自分が提供できることは惜しみなく提供し、

               

              信頼関係が築かれ、感謝され、

               

              自分でも「やり切った感」があれば

               

              スッキリと次に進めるわけです。

               

               

               

              だから飽きたからとか、不満があるからと言って

               

              転職をしたとしても

               

              もしかしたら、

               

              次も同じことが繰り返されるかもしれません。

               

               

               

              大事なのは

               

              自分の力を出し切る、

               

              「やり切った感」です。

               

               

               

              仕事のことばかりではありません。

               

              人間関係のことでも、趣味のことでも、勉強や習い事でも。

               

               

               

              うまくいかないこともあるかもしれないけれど、

               

              自分が出来ることはすべてやったと言えるのか?

               

              やってみて「ダメだった」ら、

               

              仕方ないとあきらめられます。

               

              あるいは他の方法を考えればいいのです。

               

               

               

              やってもいないのに、

               

              「自分にはできない」とか

               

              「うまくいくはずがない」とか

               

              言ってはいませんか?

               

              やらない理由を探していませんか?

               

               

               

              やれないことを無理にやれと言っているのではありません。

               

              自分が出せるエネルギーを出し惜しみしていては

               

              不完全燃焼で、くすぶってしまうのです。

               

               

               

               

              「自分ができることは、すべてやり切る」

               

              この情熱と真剣さがなければ

               

              次にやるべきことも見えてはきません。

               

              困難な状況を乗り越えることも出来ません。

               

               

               

              やり切った後には

               

              爽快感と心からの自信が得られます。

               

               

               

              あなたの今いるところ、あなたの実力は

               

              そんなものではないはず。

               

               

               

              真央さんを追い越すことは無理そうですが、

               

              すこしでも後を追いたい…

               

               

               

              そろそろ、

               

              本気出してみましょうか?!

               

               

               

               

               

               

              【ご案内】

              「七人展〜上質なライフスタイル作り」

              4月28日()〜30日() 吉祥寺・ギャラリー永谷

              フラワーエッセンスセッションの事前予約を受付中です!

              詳細は → こちら

               

               

              ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

              フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

               

              最後までお読みいただき、ありがとうございました。

              ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

               

              にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
              にほんブログ村

               

              にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
              にほんブログ村


              隠しきれない桜のパワー

              0

                JUGEMテーマ:生き方

                 

                こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

                 

                 

                 

                 

                 

                桜の便りが聞こえてきましたね。

                 

                 

                 

                私も近所をお散歩しました。まだ楽しめそうです。

                 

                 

                 

                何だか今年は、つぼみが気になります。

                 

                元気に「これから、咲くよ〜」と、

                 

                いっぱいため込んだエネルギーではち切れんばかりです。

                 

                 

                 

                桜の花びらのピンクは、

                 

                私たちを優しい気分にしてくれます。

                 

                 

                 

                以前、染織の学校に通っていたのですが、

                 

                植物には不思議なことがたくさんあることを知りました。

                 

                 

                 

                草木染では、

                 

                かわいい桜のピンク色を染め出すのは

                 

                「花びらからではない」ということを

                 

                ご存知ですか?

                 

                 

                 

                桜の花びらからは色素を取り出せないのです。

                 

                 

                 

                どういう風にするかと言うと、

                 

                小枝を水で煮出して染液にします。

                 

                ちょっと赤茶っぽくなった染液に布や糸を何度もくぐらせると

                 

                あの可愛いピンク色になるのです。

                 

                 

                 

                渋いグレーっぽい色の細い小枝に

                 

                そんな可愛い色素が隠れているなんて

                 

                面白いですね。

                 

                 

                 

                他の木では染液の材料として

                 

                樹皮や幹の部分を使ったりもします。

                 

                 

                 

                花にたどり着く前の枝や幹の部分に

                 

                その樹木自身のパワーやエネルギーが蓄えられていて、

                 

                お花の部分はそのエネルギーがしみ出した結果なのです。

                 

                 

                 

                樹は生きているので、

                 

                その年によって

                 

                あるいは個々の木によって

                 

                染められる色は微妙に変わります。

                 

                 

                 

                そう言えば、

                 

                昨日散歩の途中で立ち寄ったカフェのオーナーさんが

                 

                「今年の桜の色は薄い」と言っていました。

                 

                 

                 

                今年の桜は、少し元気がないのですかね?

                 

                毎年、同じところから観察している人が見ると

                 

                その年の桜が

                 

                元気かどうか、わかっちゃうようです。

                 

                 

                 

                これって、人間にも当てはまると思いませんか?

                 

                 

                 

                自分では無理して元気そうに振舞っているつもりでも、

                 

                「疲れている?」と言われたりします。

                 

                 

                 

                友達といつもの会話をしていても

                 

                「あれ?何かいつもと違うみたい」

                 

                と相手のことがちょっと心配になったりすることもあります。

                 

                 

                 

                すごくラブラブな嬉しいことがあった人は

                 

                肌ツヤがピカピカ、口角が上がりっぱなし、

                 

                黙っていてもハッピーオーラが

                 

                まるで見えるようです。

                 

                 

                 

                私たちの中のパワーやエネルギーは

                 

                自分では意識していない表情や言葉や行動の端々に

                 

                あふれ出てしまうのですね。

                 

                 

                 

                言わなければ気付かれないだろうと

                 

                取り繕ったとしても

                 

                あなたを気に掛けてくれる人には

                 

                無駄なことです!

                 

                 

                 

                だから、

                 

                あなたが元気であれば

                 

                そのまんま

                 

                笑顔いっぱいにハッピーオーラを

                 

                振りまけばいいです。

                 

                 

                 

                あなたが元気でなければ

                 

                気掛かりを聞いてもらったり

                 

                十分休んだり

                 

                好きな映画を見たり

                 

                美味しいものを食べたり

                 

                英気を取り戻すことをすればいいです。

                 

                 

                 

                元気がないからと、

                 

                それをひとり頭の中でグルグル思っていると

                 

                出口がなくなります。

                 

                 

                 

                そうなると、どうなるか?

                 

                 

                 

                もやもやエネルギーが

                 

                自分の中に充満してしまいますよ。

                 

                 

                 

                濁った水をキレイにするには、

                 

                どうしたらいいでしょうか?

                 

                 

                 

                フレッシュな水をどんどん投入して

                 

                循環させることです。

                 

                 

                 

                人のエネルギーも水と同じ。

                 

                 

                 

                弱っているものは出して

                 

                いいものを取り入れる、

                 

                循環させることが大事です。

                 

                 

                 

                 

                これは自然の摂理ですね。

                 

                 

                 

                桜の気持ちいい季節になりました。

                 

                 

                 

                寒い冬の間にため込んだ

                 

                モヤモヤエネルギーは潔く吐き出して

                 

                フレッシュなエネルギーを取り入れましょう。

                 

                 

                 

                「元気そう」ではなくて、

                 

                「元気な」あなたを思いっきり楽しみましょう。

                 

                 

                 

                 

                【ご案内】

                「七人展〜上質なライフスタイル作り」

                4月28日()〜30日() 吉祥寺・ギャラリー永谷

                フラワーエッセンスセッションの事前予約を受付中です!

                詳細は → 

                 

                ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                 

                 

                最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                 

                にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                にほんブログ村

                 

                にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                にほんブログ村


                災難に負けない!レジリエンス

                0

                  JUGEMテーマ:生き方

                   

                    

                   

                  こんにちは、心理カウンセラー&セラピストの渡辺啓美(ひろみ)です。

                   

                   

                   

                  ここのところ、災難に見舞われ続けて

                   

                  毎日泣いておりました。

                   

                   

                   

                  そういう時ないですか?

                   

                  「これでもか?!」ってくらい

                   

                  トラブルが続くこと。

                   

                   

                   

                  フェイスブックのイベントを間違えて非公開で設定し作り直し、

                   

                  イベントの案内ハガキをネット印刷で頼んだら

                   

                  印刷所のミスで両面とも写真になって出来上がり、宛名を書くところがない、

                   

                  以前に電話・インターネット回線の料金が安くなるとの案内で手続きしたけれど

                   

                  結局安くなっていなくて、だまされていたことが判明、

                   

                  天井の蛍光灯を変えようとして

                   

                  カバーを外したら落として破損。

                   

                   

                   

                  私、何か悪いことした?

                   

                  って感じです。

                   

                   

                   

                  逆境です。逆境!!

                   

                   

                   

                  そんな時、「レジリエンス〜逆境に強いパーソナリティ〜」というセミナーが

                   

                  あることを知り、参加してきました。

                   

                   

                   

                  レジリエンスとは、

                   

                  「精神的回復力、復元力、再起力、折れない心」などと訳されていますが、

                   

                  困難や逆境にも折れることなく、立ち直ることができる

                   

                  『しなやかな強さ』のことです。

                   

                   

                   

                  日本では東日本大震災以降、注目された概念です。

                   

                  それからいくつか本も目にするようになりました。

                   

                   

                   

                  パーキンソン病を患っていたマイケル・J・フォックスが俳優復帰したことで、

                   

                  レジリエンスの代表みたいな記事もありました。

                   

                   

                   

                  海外でレジリエンスという概念が注目され始めたのは1970年代。

                   

                   


                  きっかけの1つとなったのが、第2次世界大戦で孤児となった人たちの研究でした。

                   

                   


                  孤児たちのその後を調査すると、

                   

                  過去のトラウマや不安にさいなまれ生きる気力を持てない人たちがいる一方で、

                   

                  トラウマを乗り越え仕事に前向きに取り組み、幸せな家庭を築く人たちもいたのです。

                   

                   


                  逆境に強いと言うと、何か「鋼のような強固な心」というイメージがありませんか?

                   

                   

                   

                  実は研究からわかったことは、

                   

                  レジリエンスには思考の柔軟性や楽観性が必要だということだったのです。

                   

                   

                   

                  厳しい状況にあっても、

                   

                  ネガティブな面だけでなくポジティブな面を見る、

                   

                  変えられることは変える努力をし、

                   

                  変えられないことは受け入れること。

                   

                   

                   

                  元々レジリエンスが高い人もいますが、

                   

                  自分を見つめたり、日々のトレーニングで

                   

                  レジリエンスを高めていくことはできます。

                   

                   

                   

                  その最たるものは、スポーツの世界。

                   

                  スポーツジャーナリストの生島淳さんから

                   

                  プロの選手のリアルなお話を聞くことが出来ました。

                   

                   

                   

                  大リーグ、カブスの川崎宗則選手が監督からマイナーリーグ宣告を

                   

                  された時の話が興味深かったです。

                   

                   

                   

                  礼儀正しい日本人ならば、気持ちを切り替えて大騒ぎせずに、

                   

                  「お世話になりました。マイナーで頑張ってきます」

                   

                  くらいは言えるかもしれませんね。

                   

                   

                   

                  ところが川崎宗則選手は、

                   

                  「わかった。

                   

                  承諾する代わりに、ここで一番高いワインを開けてくれ」

                   

                  とワイン好きの監督が持っているワインセラーの中で

                   

                  一番高いワインで乾杯したそうです

                   

                   

                   

                  生島さんが言っていたのは、

                   

                  監督も選手にマイナー宣告をするのは辛いのだそうです。

                   

                  その気持ちも汲んで、そんなこと言えるのはスゴイと。

                   

                   

                   

                  まあ、川崎選手は野球ができれば幸せな人らしいです。

                   

                   

                   

                  その楽観性が、

                   

                  ネガティブな状況に留まらせないレジリエンスの源なのでしょうね。

                   

                   

                   

                  川崎選手に見習って

                   

                  私もレジリエンスを発動!

                   

                   

                   

                  楽観性アップのために

                   

                  好きな音楽をかけて見えてきたことは…

                   

                   

                   

                  アレ?

                   

                  わたし…

                   

                  あれこれ手を出し過ぎていたみたいです。

                   

                  今、出来ないこともやろうとシャカリキになっていました。

                   

                   

                   

                  冷静に考えたら、

                   

                  手に負えないくらい、抱え込んでいたのです。

                   

                   

                   

                  出来ないことは、出来ない。

                   

                  今は手放すことにしよう。

                   

                  災難がやっと、止まってくれました。

                   

                   

                   

                  ホッ〜、よかった(*^^*)

                   

                   

                   

                  逆境に遭遇したら

                   

                  一歩引いてみるのも一つの方法です。

                   

                   

                   

                   

                   

                  【ご案内】

                  4月28日〜30日 吉祥寺にて「七人展」出展

                  フラワーエッセンス・セッションの事前予約も承っています。詳細は → 

                   

                  ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                  フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                   

                   

                   

                  最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                  ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                   

                  にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                  にほんブログ村

                   

                   

                  にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                  にほんブログ村


                  人は自分が見えない

                  0

                    JUGEMテーマ:人間関係

                     

                     

                     

                    こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                     

                     

                     

                     

                    『人こそ人の鏡』と言います。

                     

                     

                     

                    故事ことわざ辞典によると、

                     

                    【意味】

                     

                    人こそ人の鏡とは、他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、

                     

                    他人を見て自分を改める参考にせよということ。

                     

                    【注釈】

                     

                    鏡に自分の姿をうつして正すように、他人の言動は自身を正すのに

                     

                    よい手本になるということ。

                     

                    『書経』に「人は水に鑑みること無く、当に民に監みるべし

                     

                    (水鏡に自分をうつして見ることをせず、人民の声によって

                     

                    我が身を反省するのがよい)」とあるのに基づく。

                     

                    と、あります。

                     

                     

                     

                    人間は、自分の顔を見ることは出来ません?!

                     

                    いつも見ているよと思っているあなたのその顔は、

                     

                    鏡に映っている顔だったり、

                     

                    写真に写った顔だったり、しますよね。

                     

                    人があなたを見るように、

                     

                    自分の顔を直接見ることは出来ないのです。

                     

                    ボーっとしている時の自分がどんな表情をしているか、

                     

                    あなたは知りません。

                     

                    ん〜、

                     

                    当然、私も自分の表情を知りませんね(^^;)

                     

                    怖いですね〜。

                     

                     

                     

                    プロフィール写真の撮影で緊張をしている時にも、

                     

                    「笑って!」と言われ

                     

                    笑っているつもりなのに、

                     

                    写った顔は無表情だったりします。

                     

                    ちょっとやりすぎじゃないの?くらい

                     

                    顔の筋肉をあっちこっち動かして、

                     

                    やっと人から見て「笑顔」になるものです。

                     

                     

                     

                    不思議なことに、

                     

                    そんな無茶な!と思うようなことやっていると

                     

                    何だか楽しくなってきて、

                     

                    力の抜けた自然な笑顔になってきます。

                     

                     

                     

                    楽しいのか、楽しくないのか、

                     

                    そんなことさえ

                     

                    私たちはイマイチ実感できなかったりします。

                     

                    自分の顔を見られないのと同じに、

                     

                    自分の心も見えないのです。

                     

                    考えや感情とは、常に流れていてあやふやなものです。

                     

                     

                     

                    「自分のことがわからない」とは、困ったことですよね。

                     

                    自分が何を感じているのか、

                     

                    自分は何を考えているのか、

                     

                    自分は何を言いたいのか、

                     

                    頭の中をひとりグルグルすることはあります。

                     

                    それは、自分を水鏡に写しているようなもの。

                     

                    そこから抜け出すことが難しいのは

                     

                    誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

                     

                     

                     

                    ひとりでは「自分」を知ることができない私たちですが、

                     

                    自分を知る方法があります。

                     

                     

                     

                    それは、

                     

                    「人の言動」と「自分の反応や浮かんだ考え」に

                     

                    注目してみることです。

                     

                    人は色々な方法で「あなたが誰であるか」を教えてくれます。

                     

                     

                     

                    こんな風に直接的に言ってくれることもあるでしょう。

                     

                    「頑張っていますね」(見ていてくれて嬉しいなぁ)

                     

                    「疲れている?」(そういう風に見えるんだ、まずいな)

                     

                    「笑顔が素敵です」(恥ずかしい…)

                     

                     

                     

                    手本となって見せてくれることもあります。

                     

                    「はじめてのおつかい」で見せてくれる小さな子供の頑張り

                     

                    (泣くほど頑張って、達成するって最近していないなぁ)

                     

                     

                    カラダも心も自由に動けなくなってイライラするお年寄り

                     

                    (周りに迷惑をかけて、嫌われて当然よね。)

                     

                     

                    淡々とグチもこぼさずに、介護をこなしている人

                     

                    (辛いでしょうに、我慢していてはダメよ!)

                     

                     

                     

                    反面教師的に目の前に存在してくれることもあります。

                     

                    偉〜い先生の、長い話

                     

                    (面白くな〜い。もっと一般人がわかるように話さないと人は聞かないでしょ!)

                     

                     

                    意地悪をしてくる先輩

                     

                    (あなたより出来る人になってやる!ってことは

                     

                    随分な闘志が自分にはあるのかも?)

                     

                     

                    人には出来る人風に見せて、実は裏で工作している人

                     

                    (ずるいよね、でもいつか、ばれるかも?)

                     

                     

                     

                    今どういう人があなたの目の前にいますか?

                     

                    あなたはどういう反応や考え(カッコの中)がありますか?

                     

                    それが、あなた自身です。

                     

                    情けないところも、

                     

                    批判的なところも

                     

                    優しいところも

                     

                    たくましいところも

                     

                    嬉しいことも悲しいことも

                     

                    人があなたにサインを出して教えてくれるのです。

                     

                     

                     

                    先日ある方の講演を聞いていて、

                     

                    私はその人の考えが偏っていると思い、

                     

                    フーッとため息が出るくらい苛立っていました。

                     

                    それは、私なりに理由があったからです。

                     

                    でも、友達はその方のお話を平静に受け入れて聞いていました。

                     

                    反応や受け取り方は人様々です。

                     

                    どちらがいいとか悪いとかではありません。

                     

                     

                     

                    「自分を知る」には人を鏡として自分を映すこと。

                     

                    映した自分を受け入れることです。

                     

                     

                     

                    人と関わることは

                     

                    あなたの人生を生きることです。

                     

                    もちろん、1人静かにする時間も必要でしょう。

                     

                    でも、人と関わることから逃げてしまったら、

                     

                    生きるエネルギーもなくなってしまいます。

                     

                     

                     

                    人と関わっていたら、いいことばかりではありません。

                     

                    傷つくことや嫌な気持ちになることもあります。

                     

                    それは、自分と人を理解することにおいて、

                     

                    とても貴重な経験です。

                     

                    同時に人と関わっていなければ

                     

                    喜びや幸せも感じることはできません。

                     

                     

                     

                    人って、ありがたいものです。

                     

                     

                     

                    【ご案内】

                    ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                    フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                     

                     

                    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                    ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                     

                    にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                    にほんブログ村

                     

                    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                    にほんブログ村


                    ビッグフィッシュはどこにいるの?

                    0

                      JUGEMテーマ:人間関係

                       

                       

                      こんにちは、心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                       

                       

                       

                       

                      「ビッグ・フィッシュ」というミュージカルを観てきました。

                       

                       

                       

                      映画にもなっていたみたいですね。

                       

                      特別お気に入りの役者さんが出ているわけでもないし、

                       

                      あまり内容を知らず、期待もせず

                       

                      会場に入りました。

                       

                       

                       

                      父と息子、家族の物語です。

                       

                      『幼いころ、父の奇想天外な話が大好きだった息子。

                       

                      でも、大人になるにつれ

                       

                      父の話が作り話にしか聞こえなくなった。

                       

                      そして、父と距離を置くようになる。

                       

                      ある日、父が病気で倒れ

                       

                      息子はある人から

                       

                      父の「本当の姿」と「息子に伝えたいこと」を

                       

                      知らされることになる。』

                       

                      というお話です。

                       

                       

                       

                      お父さん役は、ベテラン川平慈英

                       

                      息子役は、浦井健治というイケメンの若手

                       

                      お母さん役は、元タカラジェンヌの霧矢大夢

                       

                       

                       

                      最初は、お父さんの明るさに巻き込まれ

                       

                      ミュージカルらしいミュージカルという感じで気分は上がり、

                       

                      しかも出演者はみんな上手です。

                       

                       

                       

                      感動の家族のストーリーのはず…

                       

                      なのに、

                       

                      何でしょう?上手く出来過ぎている?

                       

                      退屈してしまい、

                       

                      睡魔に襲われるという辛い事態に。

                       

                       

                       

                      でも、違ったんです。

                       

                      最後に向けて

                       

                      号泣してしまいました。

                       

                       

                       

                      どうしてかと言うと

                       

                      子供に「本当の姿」を見せなかった、このお父さんと

                       

                      私の父が重なったから。

                       

                       

                       

                      うちの父は

                       

                      家の中であまりしゃべらない人でした。

                       

                      無口な人なのだと思っていました。

                       

                       

                       

                      でも、その理由が

                       

                      父が亡くなった後に私たち姉妹に知らされたのです。

                       

                       

                       

                      父は、母と結婚する前に家庭を持っていました。

                       

                      それは愛情からの結婚ではなく、

                       

                      戦争で亡くなったお兄さんの代わりに

                       

                      残された奥さんと子供を養えと親族で決められたものでした。

                       

                      ところが、

                       

                      子供をもうけたにもかかわらず、

                       

                      奥さんと上手くいかず、

                       

                      その家を出てきてしまった人だったのです。

                       

                       

                       

                      離婚が成立したずっと後に、母と出会いました。

                       

                       

                       

                      新しい家族を築いていても、

                       

                      置いてきた子供を不憫に思い、

                       

                      子供を捨てた自分を責める気持ちがあり、

                       

                      私たち姉妹にも隠し事を抱え、

                       

                      罪悪感やコンプレックスにひとり苦しみ続けた人でした。

                       

                       

                       

                      その事実を知るまで

                       

                      私はずっと父を理解できませんでした。

                       

                      「大切に思ってくれている、愛してくれている」という

                       

                      感覚はありました。

                       

                      それなのに、

                       

                      なぜか距離がある。

                       

                      父は子供に自分のことを知られたくなかったのですね。

                       

                      友達とお父さんの何でも言い合える安心できる関係とは

                       

                      どこか違うと感じていました。

                       

                       

                       

                      父が何を考え、何を思っているのか、

                       

                      全くわからなかったのです。

                       

                      だから、父に甘えることも出来なかったです。

                       

                       

                       

                      というか、近い人なのに信頼できず

                       

                      私自身も理由もわからず苦しんでいました。

                       

                      親を身近に感じられないなんて、

                       

                      自分は愛情のない人間なのだとも思っていました。

                       

                       

                       

                      父の過去を知って、

                       

                      すべてが腑に落ちて、納得ができました。

                       

                       

                       

                      父の…

                       

                      子供にどう接したらいいか戸惑っていることも

                       

                      無邪気なところを見たことがなかったことも

                       

                      病気やケガにずっと悩まされていたことも

                       

                      置いてきた子供にも愛情があったがゆえに葛藤していたことも

                       

                      自分を頼ってくる人にはとっても面倒見がよかったことも

                       

                      そして、

                       

                      私と妹に、この事実を告げなかった強さと弱さも。

                       

                       

                       

                      このミュージカルの息子のように

                       

                      私も父の本当の姿を知りたかったのです。

                       

                       

                       

                      亡くなった後でしたが、

                       

                      本当のことを知って、やっと安心することができました。

                       

                      父と「本当の家族」になれたのです。

                       

                       

                       

                      人はどうして

                       

                      大事なこと、本当のこと、肝心なことを

                       

                      言わないのでしょう?

                       

                      どうでもいいことなら、

                       

                      うるさいほど話すのに、ね。

                       

                       

                       

                      「ありがとう」

                       

                      「ごめんなさい」

                       

                      「愛している」

                       

                       

                       

                      あなたが「言いにくいこと」「言えないと思っていること」は

                       

                      相手にあなたを知ってもらうために

                       

                      大事なことかもしれません。

                       

                       

                       

                      でも、もっと重要な意味があります。

                       

                      それは

                       

                      あなたが「自分自身を許せるようになる」ということです。

                       

                      自分をしばっている苦しみから解放されるということです。

                       

                       

                       

                      勇気を出して言ったら、

                       

                      あなたと相手の関係は必ず変わります。

                       

                      なぜなら、

                       

                      それは「相手が聞きたかった本当の言葉」だからです。

                       

                      相手は、あなたに苦しんでいて欲しくはないのです。

                       

                      あなたと相手が欲しかった本当の関係を手に入れられます。

                       

                       

                       

                      どうか、

                       

                      どうか、

                       

                      話ができるうちに、

                       

                      命があるうちに

                       

                      あなたの中にある本当の言葉を

                       

                      相手に告げてください。

                       

                       

                       

                      これは、父が教えてくれた大切なこと、「ビッグフィッシュ」です。

                       

                       

                       

                       

                      【ご案内】

                      ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                      フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                       

                      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                      ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                       

                       

                      にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                      にほんブログ村

                       

                       

                      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                      にほんブログ村


                      ステージアップのために、大切なこと …とお知らせ

                      0

                        JUGEMテーマ:生き方

                         

                         

                         

                         

                         

                        こんにちは、心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                         

                         

                         

                        私たちの「こころ」は、環境に左右されます。

                         

                        無意識に身の回りの「物」や「人」や「情報」に

                         

                        いとも簡単に影響されてしまう生き物なのです。

                         

                        そのことをよ〜く知っている人は

                         

                        ネガティブなニュースは見ませんという人もいます。

                         

                        疲れるお付き合いは致しませんという人もいます。

                         

                        どこかの「ドクターX」みたいに(笑)

                         

                         

                         

                        自分が元気になるアイテムを持っている人は

                         

                        気持ちの切り替えが上手です。

                         

                         

                         

                        お休みの日に遠出をして温泉に入れば、

                         

                        普段の疲れもふっ飛ぶ。

                         

                        仕事は今大変だけれど、これが終わったら

                         

                        自分へのご褒美に大好きなスィーツを楽しむ。

                         

                        気兼ねなく話せる友達とのおしゃべりで

                         

                        思いっきり笑って、気を晴らす。

                         

                        そうやって、リフレッシュしている方もいるでしょうね。

                         

                         

                         

                        特別なことをしなくても、

                         

                        日常にちょっとしたウキウキすることきを取り入れることも大事です。

                         

                         

                         

                        美味しい紅茶をお気に入りのカップで飲む

                         

                        キラキラなアクセサリーを身に付ける

                         

                        キレイな花を運気アップの方向に飾る

                         

                         

                         

                        自分のために、美しいもの、心地いいもの、楽しいもので

                         

                        環境を整えることは、心の安定のためにもと〜っても大事なのです。

                         

                        こういう毎日の積み重ねで、

                         

                        自分のことが愛おしく思えてきます。

                         

                        そうしたら、周りの人にも優しくなれるし、ね。

                         

                         

                         

                        そんなライフスタイルを提案するイベントに

                         

                        フラワーエッセンスのセッションで

                         

                        参加させていただくことになりました。

                         

                         

                         

                        フラワーエッセンスは

                         

                        人を癒したり気分を高めたりしてくれる

                         

                        植物のエネルギーです。

                         

                        今のあなたにピッタリのエッセンスをお選びし

                         

                        スプレーにしてお持ち帰りいただきます。

                         

                        お部屋やご自身にシュッシュッとして、

                         

                        ハッピーオーラを身にまとう!

                         

                        お花の優しいエネルギーのサポートで

                         

                        毎日の生活がますます輝いて楽しくなることでしょう。

                         

                        是非、イベントに足をお運びくださいませ。お待ちしております。

                         

                         

                         

                        【イベントのお知らせ】

                         

                        7人展〜上質なライフスタイル作り〜
                         

                        日時:  2017年4月28日(金)〜30日(日)
                              午前11時〜午後5時まで(最終日は4時まで)


                        場所:  吉祥寺 ギャラリー永谷
                              
                        東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1

                              (駅から徒歩3分、ヨドバシカメラの並びのガラス張りのギャラリーです)
                         

                        出展者:

                         

                        <フィオーリヴィオラ> アーティフィシャルフラワー

                        http://ameblo.jp/viola77/(ブログ)

                         

                        <夏衣涼子> 風水心理カウンセラー

                        http://ameblo.jp/fusuitanoshii/(ブログ)


                        <Salon de Ramage>  紅茶とカルトナージュの教室

                        http://ameblo.jp/camellia0703/(ブログ)

                         

                        <ma cherie temps> ポーセラーツ

                        http://ameblo.jp/ma-cherie-temps/(ブログ)

                        土日のみ出展

                         

                        <CORAL SUPREME> フラワーアレンジメント

                        http://ameblo.jp/coral-supreme/ (ブログ)

                        http://www.coral-supreme.com (HP

                        金土4時までの出展

                         

                        <peach> ビーズアクセサリー

                        http://ameblo.jp/214727/ (ブログ)

                         

                        <渡辺啓美・エッセンスガーデン>フラワーエッセンス

                        http://r.goope.jp/essc-garden/top(HP)

                        http://essc-garden.jugem.jp/(ブログ)
                         

                         

                         

                        チラシもまだ出来ていない状態なのですが、

                         

                        各出展者のブログを覗いてみてくださいませ。

                         

                        とても素敵な先生たちとご一緒できて、楽しみです。

                         

                        詳細はまたご案内いたします。

                         

                         

                        あなたも気分アップの必殺アイテム、是非見つけてくださいね。

                         

                         

                         

                        【ご案内】

                        2/25(土) 10:30〜13:00開催 「大人のコミュニケーション講座

                                   〜困った人との会話の流れを変える方法」 at 三鷹

                        http://r.goope.jp/essc-garden/menu/467226

                         

                         

                        2/25(土) 14:00〜17:00開催 おしゃべりカフェ at 三鷹

                        http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

                         

                        ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                        フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                         

                        最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                        ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                         

                         

                         

                        にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                        にほんブログ村

                         

                         

                        にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                        にほんブログ村


                        ゴールを決めたら叶う!

                        0

                          JUGEMテーマ:コミュニケーション

                           

                           

                           

                           

                          こんにちは、心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                           

                           

                          急遽、仕事用に写真が必要になって

                           

                          出張カメラマンを探して、サロンで撮影をすることにしました。

                           

                           

                           

                          カメラマンはまだ決まっていなかったのですが、

                           

                          カウンセリングスクールの仲間に

                           

                          「一緒に撮ってもらわない?」と軽い気持ちで声を掛けてみました。

                           

                           

                           

                          カウンセラーになりたいと勉強はしているけれど、

                           

                          仕事にするための名刺を持っていない彼女たち、

                           

                          まず、プロフィール写真を撮ろう!名刺を作ろう!と

                           

                          背中を押したかったのです。

                           

                           

                           

                          起業している人はプロフィール写真を投資と思っているので

                           

                          3万円とか、かけている人もいます。

                           

                          ただ、今回は彼女たちが初めてなので

                           

                          予算を1人10,000から15,000円の負担ということにしました。

                           

                           

                           

                          仲間が最初の一歩を踏み出せるようにハードルは低くしたのですが、

                           

                          逆に「希望通りのカメラマンを探す」という私の役目のハードルが

                           

                          高くなってしまいました。

                           

                           

                           

                          スタジオではなく出張に来てもらって、

                           

                          名刺用、ブログ用、商品と色々撮ってもらいたくて

                           

                          相場よりかなり安い予算内に収めること。

                           

                          しかも、撮影日程が決まっていて

                           

                          10日もない。

                           

                          私、結構ムチャなこと、言い出しちゃったなぁとちょっと反省。

                           

                           

                           

                          でも、写真の提出の締め切りもあるし、

                           

                          やるっきゃない!

                           

                          『希望に叶うカメラマンをゲットする』と

                           

                          ゴールを決めました。

                           

                          そしてネットで調べたり、友達に聞いたりし始めたんです。

                           

                           

                           

                          起業家仲間にもカメラマンはいるし、

                           

                          ネットでも出張カメラマンはたくさんいるのです。

                           

                          でも、たくさんいすぎて選べない。

                           

                           

                           

                          「フリーランスのカメラマンも

                           

                          自分のプロフィールとか差別化とかセンスの見せ方とか

                           

                          苦労しているんだろうなぁ」と

                           

                          余計なことを思いながら

                           

                          必死に探します。

                           

                           

                           

                          ジャンルの得意不得意もあるでしょうし、

                           

                          出来上がりのイメージもあるし、

                           

                          アマチュアでは心もとないし。

                           

                          こんなワガママなお客さんの希望を叶えてくれるカメラマンはいるのか?

                           

                          迷ってしまって、なかなか進みません。

                           

                           

                           

                          そんな中、友達が信頼できる腕のいい人を紹介してくれました。

                           

                          「良かったぁ」と思いながら料金をお聞きしたら、

                           

                          悲しいかな、予算より高かった!

                           

                          いや、相場よりはかなり安くて良心的なのですよ。

                           

                          私ひとりだったら、と気持ちは揺らいだけれど

                           

                          仲間に私が言い出しちゃったことだから

                           

                          その方に正直に話して今回はお断りしました。

                           

                          「次回を楽しみに」と。

                           

                           

                           

                          もう5日しかない!

                           

                          本気で探さねばなりません。

                           

                          ネットの中で最初に目をつけていた

                           

                          商業写真のキャリアがある方に

                           

                          おそる、おそる、問い合わせしてみました。

                           

                           

                           

                          まず、こちらに希望の日程があること、

                           

                          実は人数も2人になるか3人になるか、決まっていないこと

                           

                          あれこれ撮ってもらいたいこと

                           

                          予算のこと。

                           

                           

                           

                          この図々しいお願いに

                           

                          「丁寧でわかりやすい問い合わせでした」とコメントを頂き

                           

                          すべてクリアして

                           

                          引き受けてくださることになりました。

                           

                           

                           

                          どうしてこのカメラマンが目に留まったのか?

                           

                          この方のページは

                           

                          文章の端々にご本人の思いとか人柄とか気遣いとかが

                           

                          出ているなぁと私は感じたのです。

                           

                          それに

                           

                          「お客様の声」では楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

                           

                           

                           

                          まぁ、実際の撮影はこれからなのですけれど

                           

                          今はカメラマンが決まって、ホッとしています。

                           

                           

                           

                          ゴールを決めても、

                           

                          すんなりとは上手くいかないかもしれませんよね。

                           

                          と言うか、

                           

                          すんなりいかないのが、普通です。

                           

                          すんなりいかなくて、当たり前です。

                           

                           

                           

                          どうしていいか分からなくて迷ったり、

                           

                          お断りしなくてはならなくなったり

                           

                          断られたらどうしようと不安になったりします。

                           

                           

                           

                          でも、ゴールを決めて

                           

                          ぶれていなければ

                           

                          叶っちゃうのです(^^)/

                           

                          「諦めなくてよかった!」と思いました。

                           

                           

                           

                          今回は、ヘアメイクを無料でしてくれる人も見つかるというおまけ付き。

                           

                          ラッキーきらきら

                           

                           

                           

                           

                           

                           

                          【ご案内】

                          2/25開催 「大人のコミュニケーション講座

                                     〜困った人との会話の流れを変える方法」at 三鷹

                          http://r.goope.jp/essc-garden/menu/467226

                           

                           

                          2/25開催 おしゃべりカフェ at 三鷹

                          http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

                           

                          ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                          フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                           

                          最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                          ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                           

                           

                          にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                          にほんブログ村

                           

                          にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                          にほんブログ村

                           


                          「万策尽きて…」

                          0

                            JUGEMテーマ:生き方

                             

                             

                             

                             

                            こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                             

                             

                             

                             

                            寒さ真っただ中、こんな張り紙を見ました。

                             

                            近所の居酒屋さんの閉店のお知らせでした。

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                             

                            お店を続けていけるように

                             

                            何とかこらえて頑張っていたんだろうなぁ、

                             

                            と思いました。

                             

                            「万策尽きて、苦渋の選択となりましたことを

                             

                            何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます」という文面から

                             

                            悔しさや無念さが伝わってきます。

                             

                             

                             

                            でも…

                             

                            「ん?」

                             

                             

                             

                            『万策尽きて…』という言葉が気になる!

                             

                            今更、余計なお世話なのですが

                             

                            本当に策がなくなったのでしょうか?

                             

                             

                             

                            チラシや広告を出してみたことでしょう。

                             

                            お金の工面も大変だったでしょう。

                             

                            メニューも色々考えたでしょう。

                             

                            従業員にもお客さんにも

                             

                            気遣い、誠意を尽くしたことでしょう。

                             

                             

                             

                            私が「他に策があったのでは?」と思うのは、

                             

                            オーナーさんの心の状態のことです。

                             

                             

                             

                            お店を経営し続けるというのは

                             

                            大変なプレッシャーとストレスを抱えることです。

                             

                             

                             

                            それでも、

                             

                            上手くいっている時はいいですよね。

                             

                             

                             

                            上手くいかなくなった時、

                             

                            気持ちが不安や心配、迷いでいっぱいになった時、

                             

                            このオーナーさんは

                             

                            その感情に何か手を打ったでしょうか?

                             

                            誰かに本音を話して、

                             

                            気持ちを切り替えることをしたでしょうか?

                             

                            大変困難な状況であったとしても

                             

                            心から笑える自分を取り戻す努力をして

                             

                            経営を仕切り直ししたでしょうか?

                             

                             

                             

                            実はこの居酒屋さんには

                             

                            去年の8月の土曜日に1度だけランチに

                             

                            行ってみたことがあります。

                             

                             

                             

                            その時の印象があったので、

                             

                            閉店のお知らせを見て「やっぱり」と思ってしまったのです。

                             

                             

                             

                            店内に入った時に私が感じたのは、

                             

                            「昼なのに何となく暗いなぁ」ということでした。

                             

                            蛍光灯はついているのに、です。

                             

                             

                             

                            50ほどの席に

                             

                            お客さんは、私たち女性3人とカウンターに男性が1人、

                             

                            後から男性2人組が入ってきました。

                             

                            定食メニューから頼んで、

                             

                            おしゃべりしながらお料理を待ちました。

                             

                             

                             

                            ところが…

                             

                            私が何故だか、

                             

                            ソワソワしてしまって、

                             

                            とにかく落ち着かないのです。

                             

                             

                             

                            室内なのに男性2人組の声が、とてつもなく大きい。

                             

                            目の前の友達の声もかき消されてしまうくらい。

                             

                            なのに、

                             

                            カウンターの男性の声が突然、耳に飛び込んできました。

                             

                            「僕、リストラされちゃったんだ」

                             

                            オーナーさん「えっ!冗談でしょ?」

                             

                            まるでドラマみたいだったので、鮮明に記憶に残っています。

                             

                             

                             しかも、ハエまでお店の中を飛び回り…

                             

                            オーナーさんはハエをお店から追い出そうと

                             

                            8月だというのに入口のドアを開けていました。

                             

                            「ごめんなさいね」と私たちに謝っていましたけど…

                             

                             

                             

                            その一言の対応は嫌な感じでは全然なかったです。

                             

                            きっと心優しいひとなのでしょう。

                             

                            でも、申し訳ありませんが、

                             

                            お店を出る時に

                             

                            「私はもう来ないな」と思ってしまいました。

                             

                             

                             

                            だって、

                             

                            暗いんだもの!

                             

                             

                             

                            心優しい人であっても

                             

                            明るくて楽しい場を作れるとは限りません。

                             

                             

                             

                            どんなに、いい人であったとしても

                             

                            楽観的で希望的なところが、

                             

                            なくなってしまっているのかもしれません。

                             

                             

                             

                            お客さんは明るくて気分がよくなるところに

                             

                            行きたいのです。

                             

                            同じ食事をするのであれば、

                             

                            明るい気分になれるところが嬉しいのです。

                             

                            お金を払って、暗い気分になりたくはないですよね。

                             

                             

                             

                            人生には色々なことが起きます。

                             

                            当然、気持ちが落ち込んで立ち上がれない時だってあります。

                             

                            誰でも、そうです。

                             

                             

                             

                            そんな時に

                             

                            明るい気持ちを取り戻すって

                             

                            すごく、すごーーーく、大変なことです。

                             

                            「言うは易く、行うは難し」です。

                             

                            だから、『誰か』が必要なのです。

                             

                             

                             

                            癒すべき暗くて重い感情、不安や心配を放っておくと

                             

                            マイナスの結果しか引き寄せません。

                             

                             

                             

                            プラスの結果を引き寄せたかったら

                             

                            大変でも、

                             

                            気持ちを軽く明るくしなければならないのです。

                             

                             

                             

                            そういう私も

                             

                            父が亡くなった後、家族で問題が起きてから

                             

                            友人に裏切られ、宗教にもだまされ、

                             

                            何もかもがうまくいかず、

                             

                            なんと9年も、ジタバタと、もがいていました。

                             

                            ネガティブの雪だるま状態でしたね。

                             

                            あの時にカウンセラーに話を聞いてもらっていたら

                             

                            もっと早くに雪だるまから抜け出していたことでしょう。

                             

                             

                             

                            オーナーさんは、今ゆっくり過ごしているでしょうか?

                             

                            燃え尽き症候群になっていないといいですけど。

                             

                             

                             

                            明るさを取り戻すための、

                             

                            ご機嫌で笑顔でいられるようにするための、

                             

                            素早く行動できるようにするための

                             

                            策はあります!

                             

                            出来れば、早めに手を打ちましょう。

                             

                            あなたが前進するために、カウンセラーはいます。 

                             

                             

                             

                            【ご案内】

                            ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                            フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                             

                            最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                            ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                             

                             

                            にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                            にほんブログ村

                             

                             

                            にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                            にほんブログ村


                            ハラハラドキドキを楽しもう

                            0

                              JUGEMテーマ:コミュニケーション

                               

                               

                               

                               

                               

                              こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                               

                               

                               

                              去年カウンセラーとして地元の商工会議所に登録をしました。

                               

                              先日、初めてその新年会に参加したのです。

                               

                              会場は、スーツ姿の男性の中に華やかな装いの女性で

                               

                              所狭しな状態です。

                               

                              経営を10年20年、またはそれ以上されてきた先輩方が

                               

                              お知り合いと話に花を咲かせています。

                               

                              私はと言えば、

                               

                              諸先輩方の貫禄に圧倒されてしまい、

                               

                              小さくなってしまいましたよ(+_+)

                               

                               

                               

                              今までは交流会と言うと、

                               

                              私と同じような起業家や起業を目指しているひとが

                               

                              多く集まる場に参加していたのです。

                               

                              気軽にお話できる場は楽しくて、

                               

                              励まし合って、私にとっては心地よい場です。

                               

                               

                               

                              一方、商工会議所は10年20年…の経営の歴史を持った目上の方々が

                               

                              たくさんいらっしゃいます。

                               

                              その輪に入ったら

                               

                              どうご挨拶をして、お近づきになったらいいのか、わからずに

                               

                              固まってしまいました。

                               

                               

                               

                              結局、

                               

                              新人なら新人らしく、

                               

                              いつものように、

                               

                              「ご挨拶させて頂いてよろしいですか?」と

                               

                              こちらから声をかければいいのだと、

                               

                              腹をくくりました。

                               

                               

                               

                              そうしたら、

                               

                              お話しした方が他の方をご紹介くださったり、

                               

                              私が他の方と話しているのを小耳にはさんで声をかけてくださったり、

                               

                              もちろん顔見知りの方もアドバイスをくださったりと、

                               

                              ホテルのブュッフェのお料理に手をつけられないほど、

                               

                              たくさんの方とお話をさせて頂きました。

                               

                              壁の花?にならなくて、良かった〜!

                               

                              私にとって、ハラハラドキドキの2時間でした。

                               

                               

                               

                              あなたが

                               

                              何かやりたいことがあるのなら、

                               

                              行きたいところがあるのなら、

                               

                              是非、足を踏み入れてみてください。

                               

                               

                               

                              もしかして、

                               

                              うまくできないかもしれない…

                               

                              居心地が悪いかもしれない…

                               

                              ハラハラドキドキするかもしれない…

                               

                              でも、それは当たり前のことですよね。

                               

                              だって、

                               

                              誰だってやったことがないことは

                               

                              最初からうまくは出来ないですものね。

                               

                               

                               

                              今回、ビビっている自分を観察して実感しました。

                               

                              最初っから馴染めるわけがない、と。

                               

                               

                               

                              そして、

                               

                              ハラハラドキドキするということは、

                               

                              新しいステージに立っているということ。

                               

                              その経験は自分の世界を広げ、

                               

                              見えていなかったことが見えてくることなんだ。

                               

                              そんな発見がありました。

                               

                               

                               

                              私たちは、

                               

                              つぃつぃ居心地のいい、ヌクヌク温かい場所に

                               

                              いつまでも居たいと思っちゃいますよねぇ。

                               

                               

                               

                              居心地がいいところは

                               

                              楽しいし、

                               

                              慣れているし、

                               

                              何でも上手にできる気がするし、

                               

                              頑張らなくていいし、

                               

                              安全だし、ね。

                               

                               

                               

                              でも、

                               

                              そういうところだけにいると

                               

                              ボケちゃうかもよ?

                               

                               

                               

                              ちょっと勇気がいるかもしれないけれど、

                               

                              温かいお家から

                               

                              あなたの足で踏み出して!

                               

                               

                               

                              「家の外はチョー寒い」って?

                               

                              子供の時のように

                               

                              好奇心を発揮して

                               

                              ハラハラドキドキを楽しんだら

                               

                              カラダもココロもホットになるから大丈夫ですよ!

                               

                               

                               

                              【ご案内】

                              1/21()10:30〜13:00開催 「あなたも相手も喜ぶ、コニュニケーションの魔法ワークショップ」 at 三鷹

                              http://r.goope.jp/essc-garden/menu/459372

                               

                              1/21()14:00〜17:00開催 おしゃべりカフェ at 三鷹

                              http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007

                               

                              ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                              フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                               

                               

                              最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                              ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                               

                               

                               

                              にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                              にほんブログ村

                               

                               

                              にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                              にほんブログ村


                              会話の行方

                              0

                                JUGEMテーマ:コミュニケーション

                                 

                                 

                                こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

                                 

                                 


                                 

                                 

                                年明け早々、浅草に新春歌舞伎を観てきました。

                                 

                                会場の飾りつけもお客様のお着物も

                                 

                                お正月ムードいっぱいで

                                 

                                華やいだ気分を楽しんできました。

                                 

                                 

                                 

                                演目のひとつ「棒しばり」

                                 

                                滑稽なストーリーと表現で

                                 

                                お正月から大いに笑わせてもらいましたよぉ。

                                 

                                 

                                 

                                どんなお話かと言うと…

                                 

                                 

                                 

                                主人は、いつも自分が外出した時に

                                 

                                留守番の2人の召使い、太郎冠者と次郎冠者が

                                 

                                盗み酒をしていることに気づきます。

                                 

                                 

                                ある日、二人にお酒を飲まさないために一計を案じ、

                                 

                                太郎冠者の両腕を左右に広げたまま棒に縛り、

                                 

                                次郎冠者は後ろ手に縛ってから外出することにしました。

                                 

                                残された2人は、やっぱり酒が飲みたくなります。

                                 

                                棒の先でなんとか酒蔵のカギを開け

                                 

                                樽のフタも開けることに成功。

                                 

                                盃にお酒を汲んで飲もうとしたら…

                                 

                                棒に縛られた手では、盃が口に届かない。

                                 

                                あれこれ苦心の末、

                                 

                                お互いの口に酒を飲ませるという方法を

                                 

                                編み出します。

                                 

                                酔っぱらうにつけ、

                                 

                                縛られたまま、歌えや踊れの盛り上がったところへ

                                 

                                主人が帰宅。

                                 

                                呆れられたり、怒られたりで

                                 

                                幕が下りました。

                                 

                                 

                                 

                                そこまでして、

                                 

                                お酒が飲みたいのか?!

                                 

                                って感じですよね。

                                 

                                何事も「為せば成る」ってこと、です()

                                 

                                 

                                 

                                この太郎冠者と次郎冠者、

                                 

                                二人の会話は意見が一致して

                                 

                                不屈の精神力、素晴らしい行動力とアイデアをもって

                                 

                                目標を達成しました!

                                 

                                 

                                 

                                私だったら、

                                 

                                もし棒に縛られたら、

                                 

                                …そんなこと絶対ないですが

                                 

                                どんな会話になるかなぁと考えてみました。

                                 

                                 

                                 

                                1)   いつも盗み酒をしていた自分たちが悪いと反省する。

                                 

                                2)   酒好きのせいだと自己嫌悪に陥る。

                                 

                                3)   こんなことになるなら、もう絶対酒は飲まないと決意する。

                                 

                                4)   辞めさせられるかもと心配し、謝る言葉を考える。

                                 

                                5)   次回は縛られないためにどう防御するか考える。

                                 

                                6)   紐をほどくよう、色々やってみる。

                                 

                                7)   主人の悪口を言い合う。

                                 

                                8)   主人をとっちめる作戦を練る。

                                 

                                9)   相手のせいだと、二人で喧嘩する。

                                 

                                10)こんなところ、辞めてやると意気込む。

                                 

                                 

                                 

                                棒しばりは面白おかしい話の展開になっていますが、

                                 

                                同じ状況でも

                                 

                                会話の展開としてパターンは

                                 

                                たくさん考えられます。

                                 

                                 

                                 

                                どういう方向に会話が進んでいくかは

                                 

                                あなたが日頃どう思っているかに

                                 

                                かかっています。

                                 

                                 

                                 

                                二人の場合は、

                                 

                                「とにかく、何が何でも酒を飲みたい」わけなのです。

                                 

                                単純明快ですね。

                                 

                                 

                                 

                                ですが、1)〜10)のパターンでは、こんなことが考えられます。

                                 

                                「自分はなんてダメな人間なのだ」

                                 

                                「主人に嫌われたくない」

                                 

                                「悪いのは自分以外のせい」

                                 

                                「この場を切り抜けさえすればいい」

                                 

                                「目には目を」

                                 

                                 

                                 

                                常日頃そんなこと思って生活しているわけではないけれど、

                                 

                                何かの拍子に、

                                 

                                誰でもそんな思いがフッとよぎることがありませんか?

                                 

                                実は私たちはそんな閉じ込められた思いに支配されていて、

                                 

                                会話の中に、にじみ出てしまうのです。

                                 

                                 

                                 

                                もちろん、そんな思いばかりではありません。

                                 

                                ポジティブな思いも持っていますよね。

                                 

                                「周りに感謝している」

                                 

                                「誰だって間違いはあるから許す」

                                 

                                「どんなことからも学ぶ」

                                 

                                「常に成長したい」

                                 

                                「愛している」

                                 

                                 

                                 

                                あなたはどんな思いを持っているでしょうか?

                                 

                                閉じ込められている自分の思いによって

                                 

                                あなたの会話の方向性は

                                 

                                知らず知らずのうちに

                                 

                                いつも決まっているのかもしれません。

                                 

                                 

                                 

                                コミュニケーションのマナーやスキルも大事ですが、

                                 

                                自分の思い、自分という素材を知ってこそ、

                                 

                                相手との本当の関係を

                                 

                                創り上げることができるのです。

                                 

                                 

                                 

                                そんなコミュニケーションの基本を学ぶ

                                 

                                ワークショップをやります。

                                 

                                会話ってそもそも何だろう?

                                 

                                コミュニケーションって学んだことがない、

                                 

                                人間関係で悩みがある、

                                 

                                自分が望む人間関係を創りたい、

                                 

                                そんな方、是非お待ちしております。

                                 

                                詳細は➡http://r.goope.jp/essc-garden/menu/459372

                                 

                                 

                                 

                                万が一、太郎次郎みたいに棒に縛られても楽しいことができる!

                                 

                                そんな自分になることも可能かもしれませんよきゃvネコ

                                 

                                 

                                 

                                 

                                【ご案内】

                                あなたも相手も喜ぶ、コミュニケーションの魔法ワークショップ

                                1/21(土)開催 10:30〜13:00(三鷹) 

                                http://r.goope.jp/essc-garden/menu/459372

                                 

                                おしゃべりカフェ

                                1/14(土)21(土) 14:00〜17:00(三鷹)

                                http://r.goope.jp/essc-garden/menu/434007 

                                 

                                ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

                                フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

                                 

                                 

                                 

                                最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                                ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

                                 

                                 

                                にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
                                にほんブログ村

                                 

                                にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
                                にほんブログ村


                                << | 2/4PAGES | >>