人は自分が見えない

  • 2017.02.25 Saturday
  • 22:19

JUGEMテーマ:人間関係

 

 

 

こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

 

 

 

 

『人こそ人の鏡』と言います。

 

 

 

故事ことわざ辞典によると、

 

【意味】

 

人こそ人の鏡とは、他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、

 

他人を見て自分を改める参考にせよということ。

 

【注釈】

 

鏡に自分の姿をうつして正すように、他人の言動は自身を正すのに

 

よい手本になるということ。

 

『書経』に「人は水に鑑みること無く、当に民に監みるべし

 

(水鏡に自分をうつして見ることをせず、人民の声によって

 

我が身を反省するのがよい)」とあるのに基づく。

 

と、あります。

 

 

 

人間は、自分の顔を見ることは出来ません?!

 

いつも見ているよと思っているあなたのその顔は、

 

鏡に映っている顔だったり、

 

写真に写った顔だったり、しますよね。

 

人があなたを見るように、

 

自分の顔を直接見ることは出来ないのです。

 

ボーっとしている時の自分がどんな表情をしているか、

 

あなたは知りません。

 

ん〜、

 

当然、私も自分の表情を知りませんね(^^;)

 

怖いですね〜。

 

 

 

プロフィール写真の撮影で緊張をしている時にも、

 

「笑って!」と言われ

 

笑っているつもりなのに、

 

写った顔は無表情だったりします。

 

ちょっとやりすぎじゃないの?くらい

 

顔の筋肉をあっちこっち動かして、

 

やっと人から見て「笑顔」になるものです。

 

 

 

不思議なことに、

 

そんな無茶な!と思うようなことやっていると

 

何だか楽しくなってきて、

 

力の抜けた自然な笑顔になってきます。

 

 

 

楽しいのか、楽しくないのか、

 

そんなことさえ

 

私たちはイマイチ実感できなかったりします。

 

自分の顔を見られないのと同じに、

 

自分の心も見えないのです。

 

考えや感情とは、常に流れていてあやふやなものです。

 

 

 

「自分のことがわからない」とは、困ったことですよね。

 

自分が何を感じているのか、

 

自分は何を考えているのか、

 

自分は何を言いたいのか、

 

頭の中をひとりグルグルすることはあります。

 

それは、自分を水鏡に写しているようなもの。

 

そこから抜け出すことが難しいのは

 

誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

ひとりでは「自分」を知ることができない私たちですが、

 

自分を知る方法があります。

 

 

 

それは、

 

「人の言動」と「自分の反応や浮かんだ考え」に

 

注目してみることです。

 

人は色々な方法で「あなたが誰であるか」を教えてくれます。

 

 

 

こんな風に直接的に言ってくれることもあるでしょう。

 

「頑張っていますね」(見ていてくれて嬉しいなぁ)

 

「疲れている?」(そういう風に見えるんだ、まずいな)

 

「笑顔が素敵です」(恥ずかしい…)

 

 

 

手本となって見せてくれることもあります。

 

「はじめてのおつかい」で見せてくれる小さな子供の頑張り

 

(泣くほど頑張って、達成するって最近していないなぁ)

 

 

カラダも心も自由に動けなくなってイライラするお年寄り

 

(周りに迷惑をかけて、嫌われて当然よね。)

 

 

淡々とグチもこぼさずに、介護をこなしている人

 

(辛いでしょうに、我慢していてはダメよ!)

 

 

 

反面教師的に目の前に存在してくれることもあります。

 

偉〜い先生の、長い話

 

(面白くな〜い。もっと一般人がわかるように話さないと人は聞かないでしょ!)

 

 

意地悪をしてくる先輩

 

(あなたより出来る人になってやる!ってことは

 

随分な闘志が自分にはあるのかも?)

 

 

人には出来る人風に見せて、実は裏で工作している人

 

(ずるいよね、でもいつか、ばれるかも?)

 

 

 

今どういう人があなたの目の前にいますか?

 

あなたはどういう反応や考え(カッコの中)がありますか?

 

それが、あなた自身です。

 

情けないところも、

 

批判的なところも

 

優しいところも

 

たくましいところも

 

嬉しいことも悲しいことも

 

人があなたにサインを出して教えてくれるのです。

 

 

 

先日ある方の講演を聞いていて、

 

私はその人の考えが偏っていると思い、

 

フーッとため息が出るくらい苛立っていました。

 

それは、私なりに理由があったからです。

 

でも、友達はその方のお話を平静に受け入れて聞いていました。

 

反応や受け取り方は人様々です。

 

どちらがいいとか悪いとかではありません。

 

 

 

「自分を知る」には人を鏡として自分を映すこと。

 

映した自分を受け入れることです。

 

 

 

人と関わることは

 

あなたの人生を生きることです。

 

もちろん、1人静かにする時間も必要でしょう。

 

でも、人と関わることから逃げてしまったら、

 

生きるエネルギーもなくなってしまいます。

 

 

 

人と関わっていたら、いいことばかりではありません。

 

傷つくことや嫌な気持ちになることもあります。

 

それは、自分と人を理解することにおいて、

 

とても貴重な経験です。

 

同時に人と関わっていなければ

 

喜びや幸せも感じることはできません。

 

 

 

人って、ありがたいものです。

 

 

 

【ご案内】

ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

 

にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

問い合わせ先

渡辺 啓美(わたなべ ひろみ) hiromi.lehahiah34@gmail.com エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden/top

お気に入り、お勧めの本

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 災難に負けない!レジリエンス
    ino (03/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM