ビッグフィッシュはどこにいるの?

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 11:48

JUGEMテーマ:人間関係

 

 

こんにちは、心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

 

 

 

 

「ビッグ・フィッシュ」というミュージカルを観てきました。

 

 

 

映画にもなっていたみたいですね。

 

特別お気に入りの役者さんが出ているわけでもないし、

 

あまり内容を知らず、期待もせず

 

会場に入りました。

 

 

 

父と息子、家族の物語です。

 

『幼いころ、父の奇想天外な話が大好きだった息子。

 

でも、大人になるにつれ

 

父の話が作り話にしか聞こえなくなった。

 

そして、父と距離を置くようになる。

 

ある日、父が病気で倒れ

 

息子はある人から

 

父の「本当の姿」と「息子に伝えたいこと」を

 

知らされることになる。』

 

というお話です。

 

 

 

お父さん役は、ベテラン川平慈英

 

息子役は、浦井健治というイケメンの若手

 

お母さん役は、元タカラジェンヌの霧矢大夢

 

 

 

最初は、お父さんの明るさに巻き込まれ

 

ミュージカルらしいミュージカルという感じで気分は上がり、

 

しかも出演者はみんな上手です。

 

 

 

感動の家族のストーリーのはず…

 

なのに、

 

何でしょう?上手く出来過ぎている?

 

退屈してしまい、

 

睡魔に襲われるという辛い事態に。

 

 

 

でも、違ったんです。

 

最後に向けて

 

号泣してしまいました。

 

 

 

どうしてかと言うと

 

子供に「本当の姿」を見せなかった、このお父さんと

 

私の父が重なったから。

 

 

 

うちの父は

 

家の中であまりしゃべらない人でした。

 

無口な人なのだと思っていました。

 

 

 

でも、その理由が

 

父が亡くなった後に私たち姉妹に知らされたのです。

 

 

 

父は、母と結婚する前に家庭を持っていました。

 

それは愛情からの結婚ではなく、

 

戦争で亡くなったお兄さんの代わりに

 

残された奥さんと子供を養えと親族で決められたものでした。

 

ところが、

 

子供をもうけたにもかかわらず、

 

奥さんと上手くいかず、

 

その家を出てきてしまった人だったのです。

 

 

 

離婚が成立したずっと後に、母と出会いました。

 

 

 

新しい家族を築いていても、

 

置いてきた子供を不憫に思い、

 

子供を捨てた自分を責める気持ちがあり、

 

私たち姉妹にも隠し事を抱え、

 

罪悪感やコンプレックスにひとり苦しみ続けた人でした。

 

 

 

その事実を知るまで

 

私はずっと父を理解できませんでした。

 

「大切に思ってくれている、愛してくれている」という

 

感覚はありました。

 

それなのに、

 

なぜか距離がある。

 

父は子供に自分のことを知られたくなかったのですね。

 

友達とお父さんの何でも言い合える安心できる関係とは

 

どこか違うと感じていました。

 

 

 

父が何を考え、何を思っているのか、

 

全くわからなかったのです。

 

だから、父に甘えることも出来なかったです。

 

 

 

というか、近い人なのに信頼できず

 

私自身も理由もわからず苦しんでいました。

 

親を身近に感じられないなんて、

 

自分は愛情のない人間なのだとも思っていました。

 

 

 

父の過去を知って、

 

すべてが腑に落ちて、納得ができました。

 

 

 

父の…

 

子供にどう接したらいいか戸惑っていることも

 

無邪気なところを見たことがなかったことも

 

病気やケガにずっと悩まされていたことも

 

置いてきた子供にも愛情があったがゆえに葛藤していたことも

 

自分を頼ってくる人にはとっても面倒見がよかったことも

 

そして、

 

私と妹に、この事実を告げなかった強さと弱さも。

 

 

 

このミュージカルの息子のように

 

私も父の本当の姿を知りたかったのです。

 

 

 

亡くなった後でしたが、

 

本当のことを知って、やっと安心することができました。

 

父と「本当の家族」になれたのです。

 

 

 

人はどうして

 

大事なこと、本当のこと、肝心なことを

 

言わないのでしょう?

 

どうでもいいことなら、

 

うるさいほど話すのに、ね。

 

 

 

「ありがとう」

 

「ごめんなさい」

 

「愛している」

 

 

 

あなたが「言いにくいこと」「言えないと思っていること」は

 

相手にあなたを知ってもらうために

 

大事なことかもしれません。

 

 

 

でも、もっと重要な意味があります。

 

それは

 

あなたが「自分自身を許せるようになる」ということです。

 

自分をしばっている苦しみから解放されるということです。

 

 

 

勇気を出して言ったら、

 

あなたと相手の関係は必ず変わります。

 

なぜなら、

 

それは「相手が聞きたかった本当の言葉」だからです。

 

相手は、あなたに苦しんでいて欲しくはないのです。

 

あなたと相手が欲しかった本当の関係を手に入れられます。

 

 

 

どうか、

 

どうか、

 

話ができるうちに、

 

命があるうちに

 

あなたの中にある本当の言葉を

 

相手に告げてください。

 

 

 

これは、父が教えてくれた大切なこと、「ビッグフィッシュ」です。

 

 

 

 

【ご案内】

ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
にほんブログ村

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

問い合わせ先

渡辺 啓美(わたなべ ひろみ) hiromi.lehahiah34@gmail.com エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden/top

お気に入り、お勧めの本

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 災難に負けない!レジリエンス
    ino (03/25)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM