calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

問い合わせ先

渡辺 啓美(わたなべ ひろみ) essc-garden@holisticstageup.com エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden/top

お気に入り、お勧めの本

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.03.21 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「万策尽きて…」

    0

      JUGEMテーマ:生き方

       

       

       

       

      こんにちは、「話を聴くプロ」心理カウンセラーの渡辺啓美(ひろみ)です。

       

       

       

       

      寒さ真っただ中、こんな張り紙を見ました。

       

      近所の居酒屋さんの閉店のお知らせでした。

       

       

       

       

       

       

       

       

      お店を続けていけるように

       

      何とかこらえて頑張っていたんだろうなぁ、

       

      と思いました。

       

      「万策尽きて、苦渋の選択となりましたことを

       

      何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます」という文面から

       

      悔しさや無念さが伝わってきます。

       

       

       

      でも…

       

      「ん?」

       

       

       

      『万策尽きて…』という言葉が気になる!

       

      今更、余計なお世話なのですが

       

      本当に策がなくなったのでしょうか?

       

       

       

      チラシや広告を出してみたことでしょう。

       

      お金の工面も大変だったでしょう。

       

      メニューも色々考えたでしょう。

       

      従業員にもお客さんにも

       

      気遣い、誠意を尽くしたことでしょう。

       

       

       

      私が「他に策があったのでは?」と思うのは、

       

      オーナーさんの心の状態のことです。

       

       

       

      お店を経営し続けるというのは

       

      大変なプレッシャーとストレスを抱えることです。

       

       

       

      それでも、

       

      上手くいっている時はいいですよね。

       

       

       

      上手くいかなくなった時、

       

      気持ちが不安や心配、迷いでいっぱいになった時、

       

      このオーナーさんは

       

      その感情に何か手を打ったでしょうか?

       

      誰かに本音を話して、

       

      気持ちを切り替えることをしたでしょうか?

       

      大変困難な状況であったとしても

       

      心から笑える自分を取り戻す努力をして

       

      経営を仕切り直ししたでしょうか?

       

       

       

      実はこの居酒屋さんには

       

      去年の8月の土曜日に1度だけランチに

       

      行ってみたことがあります。

       

       

       

      その時の印象があったので、

       

      閉店のお知らせを見て「やっぱり」と思ってしまったのです。

       

       

       

      店内に入った時に私が感じたのは、

       

      「昼なのに何となく暗いなぁ」ということでした。

       

      蛍光灯はついているのに、です。

       

       

       

      50ほどの席に

       

      お客さんは、私たち女性3人とカウンターに男性が1人、

       

      後から男性2人組が入ってきました。

       

      定食メニューから頼んで、

       

      おしゃべりしながらお料理を待ちました。

       

       

       

      ところが…

       

      私が何故だか、

       

      ソワソワしてしまって、

       

      とにかく落ち着かないのです。

       

       

       

      室内なのに男性2人組の声が、とてつもなく大きい。

       

      目の前の友達の声もかき消されてしまうくらい。

       

      なのに、

       

      カウンターの男性の声が突然、耳に飛び込んできました。

       

      「僕、リストラされちゃったんだ」

       

      オーナーさん「えっ!冗談でしょ?」

       

      まるでドラマみたいだったので、鮮明に記憶に残っています。

       

       

       しかも、ハエまでお店の中を飛び回り…

       

      オーナーさんはハエをお店から追い出そうと

       

      8月だというのに入口のドアを開けていました。

       

      「ごめんなさいね」と私たちに謝っていましたけど…

       

       

       

      その一言の対応は嫌な感じでは全然なかったです。

       

      きっと心優しいひとなのでしょう。

       

      でも、申し訳ありませんが、

       

      お店を出る時に

       

      「私はもう来ないな」と思ってしまいました。

       

       

       

      だって、

       

      暗いんだもの!

       

       

       

      心優しい人であっても

       

      明るくて楽しい場を作れるとは限りません。

       

       

       

      どんなに、いい人であったとしても

       

      楽観的で希望的なところが、

       

      なくなってしまっているのかもしれません。

       

       

       

      お客さんは明るくて気分がよくなるところに

       

      行きたいのです。

       

      同じ食事をするのであれば、

       

      明るい気分になれるところが嬉しいのです。

       

      お金を払って、暗い気分になりたくはないですよね。

       

       

       

      人生には色々なことが起きます。

       

      当然、気持ちが落ち込んで立ち上がれない時だってあります。

       

      誰でも、そうです。

       

       

       

      そんな時に

       

      明るい気持ちを取り戻すって

       

      すごく、すごーーーく、大変なことです。

       

      「言うは易く、行うは難し」です。

       

      だから、『誰か』が必要なのです。

       

       

       

      癒すべき暗くて重い感情、不安や心配を放っておくと

       

      マイナスの結果しか引き寄せません。

       

       

       

      プラスの結果を引き寄せたかったら

       

      大変でも、

       

      気持ちを軽く明るくしなければならないのです。

       

       

       

      そういう私も

       

      父が亡くなった後、家族で問題が起きてから

       

      友人に裏切られ、宗教にもだまされ、

       

      何もかもがうまくいかず、

       

      なんと9年も、ジタバタと、もがいていました。

       

      ネガティブの雪だるま状態でしたね。

       

      あの時にカウンセラーに話を聞いてもらっていたら

       

      もっと早くに雪だるまから抜け出していたことでしょう。

       

       

       

      オーナーさんは、今ゆっくり過ごしているでしょうか?

       

      燃え尽き症候群になっていないといいですけど。

       

       

       

      明るさを取り戻すための、

       

      ご機嫌で笑顔でいられるようにするための、

       

      素早く行動できるようにするための

       

      策はあります!

       

      出来れば、早めに手を打ちましょう。

       

      あなたが前進するために、カウンセラーはいます。 

       

       

       

      【ご案内】

      ホームページ: エッセンスガーデン http://r.goope.jp/essc-garden

      フェイスブックページ: エッセンスガーデン https://www.facebook.com/essencegarden/

       

      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

      ポチッと応援、コメントへのご感想、頂けたら嬉しいです。

       

       

      にほんブログ村 健康ブログ 心の悩み(メンヘル以外)へ
      にほんブログ村

       

       

      にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
      にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.03.21 Thursday
        • -
        • 18:47
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする